ばね指に安静時装具で手術・注射をせずに改善した症例

福島市飯坂町

親戚から《ばね指》の相談を受け、埼玉から福島まで往療に行きました。
期間は2ヵ月、施術は3回で症状消失し終了です。

手術はもちろん注射をすることなく改善しました。

親指が引っかかり痛みで蓋を開けたりドアノブをまわすのが困難な状況に

76歳 女性

2ヵ月前に自治会で公園の草刈りをしてから親指に痛みが出てきた。
徐々に動かしにくくなり、強く曲げると伸びなくなってきた。

日常生活でドアを開けたりのも困難になり、整形外科を受診し『バネ指』と言われ、特に治療はなかったが改善しなければ注射と言われた。

一向に改善する兆しがなく、ちょうどいいタイミングで僕に相談してきました。

 

福島市まで往療し約2ヵ月で不自由なく指が使えるようになった

この女性、実は僕の伯母です。

8月4日に父の墓参りも兼ねて山形県米沢市まで行く途中、福島の伯母の家に寄りました。

その時に「指が痛くて・・・」と相談され、観察してみると腫れているのと親指を曲げた状態から伸ばすときに引っかかる現象がありました。

2ヵ月経ってこの状態だと、ほっといてもなかなか良くならないだろうと思った事と病院だと下手したら手術されてしまうと感じたので改めて来ることにしました。

2週間後の8月18日に来た時の状態が下の写真です。

ばね指で腫れている状態

腫れているのと、皮膚がテカテカと光沢があるのがわかりますでしょうか。
この皮膚の状態は、痛みをちゃんと理解している医療者であれば気を付けなくてはいけない症状なんです。

埼玉ー福島の距離ですと、そうそう来れるわけではないので施術そのものよりも、いかに日常生活で機能的安静を保てるかが大事になってきます。

そこで採ったのが、施術(BFI)をした上で《母指球安定型プライトン固定》です。

固定装具

これを日中は何もしていない時、後は夜寝ている間に装着してもらいました。

 

そして2回目は9月15日で、その時の写真です。

ばね指の腫れが引いてきた状態

腫れが引いて皮膚の光沢が減少しています。
まだ痛みはありますが、この変化は十分安心材料です。

 

わかりやすく比較写真を載せておきます。

腫れの状態の比較写真

 

そして3回目が10月27日です。

ばね指が治まった状態

この時点で腫れが引いているのと光沢がないのはもちろんなんですが、ドアノブを回すときや力を入れた時の痛みもなく施術は終了しました。

初検から3回目の2ヶ月間にやった事といえば、僕がBFIをした事と安静時の装具装着だけです。

当初懸念していた手術も注射もしないで良くなりました。

 

ばね指や腱鞘炎は手術が最終手段ではない

ばね指に限らず、色んな方法を受けても良くならないと「最終的には手術かな」と考えがちです。

その思考、完全に間違ってます。

4本目のバネ指は手術をしたくないとマナ接骨院に来院し改善した症例でも解説している通り、単純な使いすぎだけでは症状を拗らせる事はありません。

根底に潜む脳疲労に気づき、適切な対処をすればメスはいりません。

ご自分でやりやすい方法としては【五感の刺激】をおすすめします。

視覚・・・自然の景色や絵画などを見る
聴覚・・・好きな音楽や落ち着く音楽を聴く
嗅覚・・・アロマなどの香りを嗅ぐ
味覚・・・うまいもん食う
触覚・・・スキンシップや触り心地のいいものに触れる

まったく痛みと関係なさそうですが、脳と痛みの関係を知ると腑に落ちるはずなのでお試しあれ。

 

おまけ

せっかく福島まで行ったのに、日帰りなので観光もしてません。
唯一立ち寄ったのが、東北道那須サービスエリアです。

ガチャガチャ

息子のお土産にと思ったら売り切れでした。

 

タルトチーズケーキ

個人的には檸檬が好きです。
この他にも、色々と患者さんにもお土産を買いましたが写真撮り忘れ。

 

3回目の帰りには、東北道を西那須野I・Cで降りて仲間の先生の所に寄ってきました。

共通言語でストレスなく話せるっていいですよね!

時間を忘れて、気がつけばあっという間の4時間。
朝5時30分に出て、帰宅は深夜1時という弾丸にも関わらず元気に帰ってきました。

 

まとめ

ばね指はなかなか良くならないイメージがあると思いますが、原因や対処の仕方によっては意外ときちんと良くなります。

間違っても早まって手術は受けて欲しくありません。

親戚という事もあり僕の話を素直に聞いてもらえましたが、本当にお困りであれば作られた《常識》から抜け出してみませんか?

全力でお手伝いしますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です