脊柱管狭窄症 神経根型の症状は手術をしなくても良くなります

手術

プライマリケアにおけるラスボス的疾患

運動器疾患の中で治りにくい・手術をしてしまう代表的なものに脊柱管狭窄症があります。

僕の経験では椎間板ヘルニアより治りにくいと一般的に思われているんじゃないかと感じています。

実際のところ、本当に椎間板ヘルニアより難しい疾患なのでしょうか?

 

僕だけじゃなく、脊柱管狭窄症と診断されても手術しないで良くなった患者さんを診てきた先生はたくさんいます。

なんで良くなったのかその謎に迫り、一人でも多く脊柱管狭窄症の手術を回避する方を増やしたいんです!

腰部脊柱管狭窄症とは何なのか?

人の身体の背骨を上から見ると、トンネルのような神経の通り道があります。

脊柱管 図解

そのトンネルの途中が加齢による変性で狭くなり、神経を圧迫し症状を出していると考えられてきました

 

『きました』と過去形になっている理由については後ほど説明します

 

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症といえば【間欠性跛行】が代表的な症状になります。

歩いていると下肢に痛みが出て、前かがみで少し休むと痛みがなくなりまた歩きだせるといった状態です。

脊柱管狭窄症の症状

 

他にも腰にまつわる諸症状があります。

 

脊柱管狭窄症での手術適応とは?

排尿障害がメインである馬尾型に対しては手術が必要だと思います。

 

しかし、痛みやしびれが主な症状(神経根型)であれば急いで手術を選択することは避けた方がいいでしょう。

脊柱管狭窄症のタイプ

神経根型に対する手術の成績は決して良好とは言えません。

変わらないどころか悪化したケースも見受けられます。

 

時折、芸能人が脊柱管狭窄症の手術を受けたとニュースになることがありますが、本当に術後の経過が良いのかは疑問が残ります。(メディアで発表しちゃった以上治ってませんとは言えないでしょうね)

 

形態の変化は痛みの原因ではない

先ほども述べたように、脊柱管狭窄症とは神経が圧迫されて痛みやしびれが出ると考えられていましたと過去形で表現しました。

以前はレントゲンやMRIなどの画像に表れる変化が症状の原因だと考えられていましたが、現在では世界各地での研究の結果で画像の変化と症状は一致しないと発表されています。

 

実際の現場でも、

・骨の変形を治したわけでもない

・神経の圧迫を取った訳でもない

・軟骨を修復した訳でもない

それなのに症状が良くなった患者さんを診た治療家はたくさんいます。

一般的に言われている【原因である神経の圧迫】を除去していないのに症状が良くなる現象はただの偶然でしかないのでしょうか?

 

そんな事はありません!

 

そもそも、今まで原因だと言われてきた事自体が間違っていたんだと証明されてきている事にきちんと正面から向き合わなければいけないんじゃないかと思います。

なぜ脊柱管狭窄症は治りにくいのか?

答えは・・・・・

【治らないと思わされているから】

 

極端な話、こういう事なんですよね。

 

治らないと思ってしまう要因

・年のせいだから

・最終的には手術するものだと言われてる

・まわりで良くなった人がいない

・手術したのに症状が残っている

・ネットで調べても同じような事しか書いてない

 

脊柱管狭窄症と診断される方は50代以降に多いとなっています。

従来の画像診断に沿って説明・治療をしていたら、他に良くなる方法があるとしても気付けないんですね。

【医者が言ってるんだから正しいんだろうという盲目的信仰】

 

自分で調べて考えることを放棄する。

若年層に比べると上記のような特徴が見受けられるケースがあります。

そうでない方は施術をしても経過がいいです。

痛み治療の最前線では何が起きているのか?

従来の画像診断と症状の関係は否定されています。

高性能の画像診断の普及によって1990年代から脊柱管狭窄症が増加したが、100名の脊柱管狭窄症患者(平均年齢59歳)の臨床症状と画像所見(単純X線撮影・脊髄造影・CT)を比較した結果、両者間に関連性は見出せなかった。http://1.usa.gov/RxEUW4

脊柱管狭窄症の画像所見は臨床症状と関連性のないことが明らかとなったわけですが、興味深いのは、両側性の症状を訴えたのは42%に過ぎないのに、画像所見では患者の89%が両側性の狭窄変化が認められた点です。画像検査が増えるに従って今後も新たな病名と患者が増えていくことでしょう。となれば必然的に手術件数も増えることになります。

~TMSジャパン公式ブログ~  より引用

 

変形性関節症椎間板ヘルニア・そして脊柱管狭窄症もです。

ある研究では、腰痛の有るグループ・腰痛のないグループをそれぞれ

・職業

・年齢

・性別

・生活習慣

などの条件を同一にした上で、MRIの画像を比較した結果

腰痛のないグループの76%にヘルニアが見つかり、85%に椎間板の変性が認められた

という研究報告もあります。

腰痛のない正常な人にも70%以上の椎間板の異常があったのです。

椎間板に異常が見られても痛みのない人がこれだけいるんです!

ただの偶然とは思えません。

 

このように世界的な研究の結果、画像に写し出される変化と実際の症状には矛盾が生じている事が多く、権威であるBoss博士は次のように述べています。

『我々は画像所見が症状と相関しない事を知っている。

我々が治療しなければいけないのは患者でありMRIではない。』

 

画像が関係ないのならどうすればいいのか?

・画像診断に対する今までの常識をいかに払拭できるかが重要。←ここが本当に大事!

・痛みの最終的な判断は脳で起きているので、治るんだと思えるポジティブな情報を入手する。

・ストレス・感情の捻れ・不安・怒りなどを見つめ直し、対処法を考えてみる。

 

その上で、脳代謝バランスを改善する施術がいいと思います。

 

当院ではこれら全てを考慮してBFI療法にて症状を改善する施術を行っています。

まとめ

難しい内容となりましたが、今までと真逆の学説なので余計にそう感じちゃうんですよね。

できれば、何度も読んでいただきたいです。

 

脊柱管狭窄症と診断されても、症状が痛みとしびれであれば手術はするべきではない。

画像診断の限界があらゆる所で露呈しはじめている事を早く理解すべき。

神経の通り道を広げなくても症状が良くなる人はたくさんいますし、僕もそういった患者さんを診てきました。

こういった事実を広めて、脊柱管狭窄症は怖くないんだって思ってもらえる社会にしたいです。

脊柱管狭窄症でお困りの方、手術をするかどうかでお悩みの方マナ接骨院にご相談ください!

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。