【緊急提言】 YOSHIKIの頚椎椎間板ヘルニア手術について物申す 症状が痛みなら必要ないのに・・・ 

首の手術

僕は中2からずっとX JAPAN(当時はX)が好きで、今でも聴いてます。

特にhideとYoshikiが好きで、そのYoshikiがまた頚の手術を受けることになってしまった。

本来であれば、画像診断でヘルニアだと言われても、手術は必要ないんだという事を理解しなくてはいけません。

たとえ【しびれ】があったとしても、同時に痛みも感じているなら手術なんかしなくてもちゃんと改善するものなんです!

頚椎椎間板ヘルニアの悪化だと?

僕のブログを読んでいる方には馴染みのフレーズですが、

画像診断による椎間板ヘルニアは痛みを起こしません!ここめっちゃ重要!!

 

「神経根を圧迫するとその神経に沿って痛みやしびれが生じる」という生理学は存在しません。

脊椎外科医はこれを神経根症と誤診するんですよね。そしてしなくてもよい手術をする。

麻痺は存在するのか?  私は診たことがありません。麻痺とは痛み・しびれ(ジンジン)とは逆の現象です。無感覚(知覚鈍麻)、運動麻痺です。

~加茂整形外科ブログ~ より抜粋

 

さまざまなメディアで報道されているように、H29年5月16日 ロサンゼルスにて頚椎人工椎間板置換術を受けることが発表されました。

【ニール・アナンド, 米YOSHIKI 手術担当外科医】
先日Yoshikiさんの診断を行った結果、左腕の神経根障害及び椎間板C5-C6の位置に椎間板ヘルニアがあることが判明しました。頚椎人工椎間板置換の手術をすることを薦めました。

【トミー・トミザワ, 米YOSHIKI医師】
現在の病状を診断したところ、今の首の状態のままではアーティスト生命に支障をきたすばかりか日常生活さえもままならない状況なため、緊急に手術することを決定しました。 MRIとCTスキャンの結果を見る限りでは ダメージがひどく相当な痛みを伴いながら演奏を続けてきたと想像します。2回目の手術ということで、骨を削る頸椎椎間孔切除という選択肢を外し、今回は人工椎間板置換手術を行います。去年10月に日本で行われたVisual Japan Summitで症状が再発し、今年1月に行われた米カーネギー公演では既に左手の感覚を失っていました。その後3月に行われた英ウェンブリー公演後、 症状はさらに悪化しましたがそのままレコーディングを続けていました。本人はこのまま終わりまで続けたいと言っていましたが、症状が深刻化したため、日米のドクターと話し合った結果、このままではアーティストとして再起不能になると判断し手術をする運びとなりました。

 

このニュースを見た時は、言葉にならない想いが湧いてきました。

 

情報によると、上肢に麻痺や強いしびれがあるって事ですが、本物の神経麻痺だったら痛みは感じないはずですし、ドラムどころかピアノだって弾けなくなるんです。

しかも、鎮痛剤どころか抗てんかん薬まで処方されているなんて情報もあって、どんどんヤバい方にいっちゃうんじゃないかと心配です。

 

いまだに麻痺錯感覚を混同しているのを見ると、【医学の進歩】ってのはどこにいっちゃったんだと憤りを感じます。

YOSHIKIの症状はハードスケジュールによる意識活動の興奮によるものだ

今回、手術に踏み切るまでに症状が悪化してしまった要因は【意識の過活動】が潜んでいるのです。

SNSなどでも発信していましたが、とにかくスケジュールがハンパない!

その結果として、あのドラムの叩き方ですから負担のかかってる頚に症状が出るのは当然です。

【ヘッドバンギング→椎間板ヘルニア→痛み・しびれ】ってこの流れを単純に結びつけちゃダメなんです。

 

結果と原因をごっちゃにするから、椎間板ヘルニアなんて診断になってしまうんですよ!

この状況では自律神経の中枢である【視床下部と前帯状回を含めた神経ネットワーク】である

CAN(Central Autonomic Network)中枢性自律神経ネットワークはフル活動でしょう。

さらに痛みと密接な関係にある、脳にある扁桃体前頭前野の暴走により痛みの鎮静化も上手くいかなくなってしまっているという悪循環。

 

これで画像検査で形態異常が見つかってしまえば、手術という選択肢が出るのは今の医学界では致し方ない。

いつになったら椎間板ヘルニアに対する無駄な手術がこの世の中からなくなるのだろうか。

椎間板ヘルニアについてはこちらで詳しく解説しています⇒【重要】椎間板ヘルニアの本当の原因とは? 症状が痛みなら安心して松伏町のマナ接骨院にお任せください

 

意識活動の亢進(忙しさ・ストレス)→→負担のかかっている場所に症状が出るという順番であって画像によるヘルニアは関係ないんです。

最後に

どうか手術における唯一の効果である【プラセボ】が最大に発揮され、無事に復活することを願ってます。

 

本気でYoshikiの復活を願ってるからこそ、この情報が届いてほしい!!

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です