腰椎すべり症の痛みを手術しないで最速で改善させる根拠とは 

腰が痛い女性

腰椎すべり症で手術してはいけない

腰が痛くて病院でレントゲンを撮り、医師から「ここの骨がずれてますね」と説明され【腰椎すべり症】と診断された方に申し上げます。

だったら安心して大丈夫です!  その痛みはなくなります!

大丈夫

 

レントゲンでハッキリとわかる程の【骨のズレ】を見ちゃったらさぞかし怖いでしょう。

しかし、腰椎すべり症を含め骨の変形などの異常が痛みの原因にはならないという研究結果はたくさんあるんです。

 

■腰椎の変形が腰痛の原因でないことは半世紀以上も前から証明されてきた。最も古い対照試験は1953年に実施された腰痛患者100名と健常者100名の腰部X線写真を比較したもので、両群間の変形性脊椎症の検出率に差はなかった。http://1.usa.gov/lCMbXb

■腰痛患者378名と健常者217名の腰部X線写真を比較した研究でも、両群間における変形性脊椎症の検出率に差はなく、加齢と共に増加する傾向が見られることから、変形は正常な老化現象にすぎず、腰痛の原因とは考えられないと結論。http://1.usa.gov/msMFAV

~TMSジャパン~  より引用

 

一般の患者さんにはこういった情報が下りてきてないだけなんです。(エラい人達に都合が悪いんでしょう)

 

腰椎すべり症が痛みの原因ではないのに手術をするなんて本当に勘弁してほしいです。

 

実際にすぐに手術を勧めるような病院は避けるべきです。

それ以外の治療法としても

・注射

・コルセット

・筋肉トレーニング

などが挙げられますが、それによりズレている骨が元に戻るわけではありませんよね。

もうね、言ってる事とやってる事が矛盾しすぎなんですよ。

 

どんな方法であれ、痛みがなくなる患者さんはたくさんいます。

だとしたら・・・そもそも腰椎すべり症が原因じゃないってなるはずなんですが、なかなかそういった思考にはならないようです。

腰椎すべり症は大きくわけて2種類ある

腰椎すべり症には腰椎変性すべり症と腰椎分離すべり症の2種類があります。

それぞれ少し説明してみます。

 

腰椎変性すべり症とは?

加齢による骨の変形・椎間板の変性・靭帯など軟部組織の機能低下などにより骨の支えが弱くなることによってすべってくるもの。

 

ただ、今までに何度も申し上げているように単純な骨などの形態異常は痛みの原因にはならないので心配は無用です。

 

 

腰椎分離すべり症とは?

腰椎という骨の椎弓という本来くっついている部分が離れてしまい、不安定になった結果、すべってくるものを指します。

骨が離れた状態を腰椎分離症といいます。

この状態から腰椎分離すべり症に移行しやすいとも言われています。

 

ただし、腰椎分離症があっても腰椎すべり症があっても特別心配はいりません。

腰椎分離症については→腰椎分離症の症状と痛みの改善策は? 教科書と臨床での乖離から視えること

 

いずれの腰椎すべり症にしても痛みはなくなりますし、手術の必要はありません。

腰椎すべり症の症状とは?

一番多く訴えるのが腰痛です。

そして、腰椎すべり症が進行すると神経が通っている脊柱管と呼ばれる場所が狭くなることにより足に痛みやしびれが出ると言われています。

 

しかし、ここで重要なのは本来は神経が圧迫されても痛みは感じないという事です。

本物の神経症状は麻痺なので、痛みの感覚があるうちは神経は正常なんです。

手足の『しびれ』を正しく理解するために

 

腰痛にしても一般的な教科書ですら腰椎すべり症の記述に、【たとえすべり症があっても痛みを訴えない人がいる】とちゃんと書いてあります。

 

ただ、そこで終わってしまっているんです。

残念

なんで腰椎すべり症があるのに痛みがないのか?

なぜそこの謎に迫ろうとしないのか?

もしくは「そんなことしたくない」のかは分かりませんが、実際の症例をきちんと診ていれば答えは出るはずです。

 

骨の形態的な異常は痛みの原因ではないと!

腰椎すべり症を改善させるのに一番大事なこと

腰椎すべり症と診断され、インターネットで「何かいい方法はないか?」と色々な情報を入手している方もいるかと思います。

・とにかく筋肉をつけろ

・ストレッチをしろ

・コルセットで安定させろ

などが多く目に入ります。

 

そんな事よりも、もっと大事なことがあります。

それは

腰椎すべり症があっても治るんだ

ということを知ることです。

自分で目に見えないところなので不安や恐怖を感じているかもしれませんが、そういったネガティブな感情は症状を長引かせます。

 

その理由は、痛みという感覚の中枢は脳にあるからです。

その脳がネガティブな感情に支配されてしまうと、良くなろうとする働きにブレーキがかかってしまうからです。

脳と痛みの関係とはどういう事なのか? 最新の 脳科学からわかってきたこと

まとめ

腰椎すべり症と診断されても諦めることはありません。

治るのか不安なまま治療やリハビリを受けても回復に時間がかかってしまいます。

本気で「良くなりますよ」と言ってくれる先生と出会えるといいですね。

 

もちろんマナ接骨院は自信をもってお伝えしています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。