健康番組でやってた【硬膜外脂肪腫症】脂肪で神経を圧迫したって腰痛の症状は出ない

テレビカメラ

ある日、偶然テレビをつけると、ある健康番組で【腰痛】のコーナーが始まった。

職業柄この手の番組はチェックするようにはしているが、時間的な問題もありちゃんと観る機会は少ないです。

今度はどんな理論をぶちまけてくるのかと観ていると、期待通りに『神経を圧迫して痛みが出る』とやっている。

しかも、その圧迫しているものは、なんと! 脂肪だと!?

では、その間違いを指摘していこうじゃないか。

 

硬膜外脂肪腫症の診断が出るまでの整形外科での経緯

僕の勉強不足で初めて聞いた病名である【硬膜外脂肪腫症】

さて、この病気に対してどんな説明をしてくれるのかと興味深く聞いていると、脂肪が神経を圧迫していて痛みが起きていると言うじゃないか。

この時点で完全に萎えました・・・

 

では、この診断を告げられるまでの経緯を載せます。

*********************************

定年を控えたある男性が、業績が振るわない地方支店を立て直して欲しいと頼まれ、単身赴任する事になりました。

そして半年後、腰~お尻・左脚に刃物が突き刺さったような痛みを感じるようになりました。

以来、仕事帰りになると決まって腰痛に襲われるようになったため、整形外科を受診し検査の結果、神経の通り道が狭くなって神経を圧迫されて痛みを引き起こす【脊柱管狭窄症】と診断されました。

痛み止めを飲みながら様子をみていたが、仕事終わりに襲ってくる激しい腰痛は消えることなく、ついには歩くことさえ困難になってしまいます・・・

そんな状態が1年近く過ぎたある時、奥さんが買い集めていた雑誌に腰痛治療の名医として載っていた先生のもとを訪れ、ついに腰痛の正体を見つけ出した。

*********************************

といった経緯があり、先ほどの【硬膜外脂肪腫症】の診断が出たという事でした。

BFI研究会の先生や僕のブログをいつも読んでいる方なら先ほどの経緯を読んで症状の原因に気づいたと思います。

脳疲労の要素がてんこ盛りですよね?

 

神経を圧迫しているものが、椎間板だろうが脂肪だろうが痛みは起こさない

もうね、いつになったら神経の圧迫=痛みという間違った概念から抜け出せるんだろうか。

ここまでくると、彼らが必死に抵抗しているようにしか僕には映りません。

 

脊柱管狭窄症であっても厳密には痛みは起こしません。 こちらを読んでいただければ理解できるかと思います⇒脊柱管狭窄症 神経根型の症状は手術をしなくても良くなります

 

脊柱管狭窄症の典型的な症状と違うところがあるからって、発想自体が身体の構造的な部分で考えていたんでは、最終的に正解に近付くことはないでしょう。

 

神経を圧迫しているものが、椎間板だろうが脂肪であろうが本物の神経症状は麻痺なんです。

麻痺になったら痛くて歩けないんじゃなくて、感覚がなくなり力も入らずに歩けなくなるんです。

坐骨神経痛という症状は有名ですが、神経圧迫してたら痛みは感じませんので覚えておいてください。

 

腰痛・下肢痛は手術しなくても改善する

この男性は手術を受けたことにより、悩まされてきた腰痛は良くなったそうです。

確かに手術で良くなることはあります。

ありますが、手術が唯一絶対の方法ではありません。

 

脊柱管狭窄症椎間板ヘルニアであっても、手術以外の方法で良くなった患者さんがどれだけいるか!

どんな方法であっても改善する理由があります。

それは脳(感情・思考)が変わればどんな痛みであっても改善する可能性があるんです!

これを知ったら、わざわざリスクの高いメスを入れるなんて事は避けるはずだと感じています。

 

脳疲労に気づけば安心スイッチは入りやすい

脳疲労という概念も、以前よりは認知されてきたからかもしれませんが、制作サイドのこの男性のストーリーは完璧ですよね。

定年間近だというのに、地方に単身赴任。 さらに業績不振の支店を立て直してほしいなんてムチャぶり。

エコノミー思考の人間なら、おそらく引き受けたくはないでしょう。

この時点で脳疲労は始まってます。

 

立て直しの為には時間や様々な労力が必要でしょうから、さらに脳疲労は増大します。

そりゃ激しい腰痛が出ても不思議じゃありません。

 

この時点で、脳と痛みの関係を知っている医療者に当たれば何事もなく終わったかもしれないのに、脊柱管狭窄症の診断を受けたもんだから脳疲労はピークに達していたかもしれません。

 

そんな時に、名医といわれるドクターに「本当の原因がわかった」なんて言われたら、うれしくて痛みを感じる中枢の活性化は沈静化したでしょうね。

手術じゃなくても、このドクターになら何されてもそれだけで治っちゃってたかもしれませんよ。

この男性にとって名医だって事は間違いないんです。

 

脳と痛みの関係を知らないと、ここまでの内容が意味不明かもしれませんが、ヒトの痛みというのは痛くなる理由も良くなる理由も脳(感情・思考)の影響が大きいんです。

 

こういった概念が当たり前の社会になれば、個人的な話になりますがYoshikiだって手術しないで済んだと思うんです。

【緊急提言】 YOSHIKIの頚椎椎間板ヘルニア手術について物申す 症状が痛みなら必要ないのに・・・ 

 

まとめ

・硬膜外脂肪腫症と診断されても、すぐに手術をしてはいけないと考えます。(僕の家族だったら絶対にさせませんが)

 

・症状が麻痺ではなく痛みであれば、脳疲労に繋がる事象があるはずです。(今回で言えば、定年間近の単身赴任・業績不振の支店の立て直しという重責)

 

・たとえ番組内の他の症例が本物だったとしても、今回紹介したような内容が1つでもあると、僕の中では番組全体の評価がガタ落ちです。

 

硬膜外脂肪腫症と診断されてお困りの方、マナ接骨院やBFI認定院へご相談ください。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。