なぜ腰痛患者は増える一方なのか?  医学の進歩と反比例している訳

腰痛患者 データ

現在日本では腰痛患者数は2800万人といわれている

医療は日進月歩、常に進歩していると言われているが運動器の痛みやしびれを訴える患者数は減るどころか増加しています。

普通に考えたらおかしいですよね?

 

企業の成績だったらウハウハなんでしょうけど…

国民生活基礎調査

~厚生労働省 国民生活基礎調査~ より画像出典

 

腰痛・肩こりは男女ともに、普段感じている自覚症状の1位2位を独占しています。

腰痛では実際に通院している病気やケガの疾患でもトップ5に入っています。

 

なぜ減るどころか増加しているのかの謎に迫ってみましょう。

腰痛の85%は原因不明!?

腰痛の中でもレントゲンなどの画像検査で明らかな異常が認められない非特異的腰痛は約85%にも及びます。

 

残りの15%には骨折・感染・癌や椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症などが含まれています。

 特異的腰痛と非特異的腰痛 医師の診察および画像の検査(X 線や MRI など)で腰痛の原因が特定できるものを特 異的腰痛、厳密な原因が特定できないものを非特異的腰痛といいます。ぎっくり腰は、 椎間板(ついかんばん)を代表とする腰を構成する組織のケガであり、医療機関では腰 椎捻挫(ようついねんざ)又は腰部挫傷(ようぶざしょう)と診断されます。しかしな がら、厳密にどの組織のケガかは医師が診察しても X 線検査をしても断定できないため 非特異的腰痛と呼ばれます。腰痛の約 85%はこの非特異的腰痛に分類されます。通常、 腰痛症と言えば非特異的腰痛のことを指します。

~厚生労働省 腰痛対策~ より引用

 

 

 

ただし、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症・すべり症などの形態的な異常は痛みの原因にはならないので85%よりも多いと考えられます。

椎間板ヘルニアについては→椎間板ヘルニアという冤罪 手術という無駄な選択をする前に知っておくべき事で解説しています。

 

 

要は現代の医学では腰痛の原因はハッキリとわかってないという事です。

 

ですから、世の中には様々な腰痛の原因や治療法が溢れているんですね。

そして、それぞれに治った人と治らなかった人がいて、治った人においても原因と治療法がピッタリ合ったと単純に言えないということがあります。

 

極端な話、ちょうど治るタイミングでたまたまその治療を受けたから効いたと思ってしまう事もあるんです。

プラシーボと交絡因子

どんな医療行為もプラシーボと交絡因子を完全に排除することはできないでしょう。

プラシーボと交絡因子についてはBFI研究会 代表ブログで解説しています。

 

あなたは病気やケガをして医療機関を受診する際どういった基準で考えますか?

小さい子どもだったり、重症な感じがすれば町医者よりも大きな病院・名の知れた大学病院に行こうと思いますか?

 

それこそがプラシーボ効果の入り口です。(実際に医療機器やスタッフの数が多い病院の方がいい場合は確かにあります。)

 

ただ多くは大学病院だから、テレビに出てたから、本に載ってたから…という期待値が高まれば高まるほどプラシーボ効果を発揮します。

 

だいたいメディアで紹介される場合、よっぽど空気を読めない出演者じゃなければ「効きません」とは言わないと思いますし。

良くなったという情報の裏側では治らずに困っている人がたくさんいる

レントゲンやMRI検査をしたが特に異常はないと言われ途方にくれている方、有名な病院や治療院に通院したが改善しない方、こういった方が多いから患者数は減らないんですね。

 

腰痛の原因といわれているもの

・骨の変形

・筋肉がかたい・弱い

・血流が悪い

・筋膜の癒着

・背骨や骨盤のゆがみ

・ストレス

・内臓関連

他にも色々言われてますが、なんかもう打ち込むのがイヤになるくらいいっぱいありすぎです。

 

治療法もたくさん

・手術、注射、薬

・整体

・カイロプラクティック

・筋膜リリース

・リンパマッサージ

・ストレッチ

もう勘弁。 お腹いっぱいになりました

 

一つの治療法で改善しなかったら、次々と変えていかないといけないのでしょうか?

そんな余裕も時間もありませんよね?。

 

こういった事態に陥り、「もう治らないんだ」と諦めてしまっている方が多いのが腰痛患者が減らない理由の1つだと思います。

そして、マナ接骨院は症状がなかなか改善しない方にこそ必要な施設だと自負しております。

形態的な異常を指摘する人の事は疑ってみましょう

今でも「骨の変形が~」とか言っちゃってる人はいます。

しかし、痛みの分野では世界中でパラダイムシフトが起きています。

まだ完全に証明しきれない部分はありますが、確実に痛みの原因は脳の機能へとシフトしていますし、形態異常と症状の関係が否定され、実際の臨床でもそう感じています。

 

脳に何かができているとかではなく、感情の捻れやストレスなどで脳疲労が蓄積することにより身体に症状が出てくるのです。

 

痛みなどの原因だけに限らず、治り方にも大きく影響してきます。

どんな治療法でも良くなることはあります。

それは、脳がポジティブに捉えれば難治性の症状でも改善していきます。

ポジティブスイッチの例

・有名な治療家だった

・テレビや雑誌に出ていた

・やさしくてよく話を聞いてくれた

・院内がキレイだった

・BGMが心地よくて癒された

・先生の自信満々の雰囲気に安心した

・クチコミが良かった

など、どこでそのスイッチが入るかは人それぞれでしょう。

 

それでも治らない人には痛みの真実を知ってほしいです。

まずは画像診断で映ったものは関係ありません。

いきなり理解するのは難しいかもしれませんが、今までそれで治っていないのならこういった情報を知ってほしいです。

 

手術

 

そうすれば無駄な手術だってしなくて済むんです。

どうせ仕事や家事をやらなくちゃいけないんなら早く治りたくありませんか?

痛みやしびれは不快な症状です。

一日でも早く無くなってほしいものです。

 

だったら早く良くなるイメージを持ちましょう。

いいイメージがもてる情報を入手しましょう。

 

不安になるような事言われてませんか?

このままひどくなったら歩けなくなるとか車いすだとか言われてませんか?

 

そんなことありません!

 

fMRIを用いた研究によると、痛みに関連した言葉とイメージを思い浮かべると脳のペインマトリックスが活性化するが、注意を逸らせると活性レベルが低下した。ゆえに、痛みをくよくよ考えたり頻繁に話題にしたりする患者は自ら症状を悪化させている。http://1.usa.gov/kRj6OS

慢性疼痛の治療には言葉とイメージがとても大切です。だからこそ、医療関係者は不安と恐怖をあおるような説明を避けるべきなのです。安心と勇気を与えましょう。

~TMS ジャパン~ 公式ブログ  より引用

 

今までにも「手術しないと治らない」「このままだと車いすだ」と言われてきた患者さんも無事に良くなっています。

 

数少ない本気で痛みと向き合っている治療家と出会えるといいですね!

 

諦めなければきっと良くなります!

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。