ぎっくり腰一歩手前の状態が一回で改善! 脳と痛みの関係が顕著に出た症例 

腰のレントゲン写真

一般的に【ぎっくり腰】というと腰の構造的な問題だと考えられています。

・筋肉

・靭帯

・関節

などがありますが、本当に組織の損傷が原因なのであればその場で痛みがなくなるなんて事は考えられません。

ここが理解できれば、医療機関での説明で腰に対して不安を植え付けられそうになっても、跳ね返す事ができるようになるのです。

 

ぎっくり腰の痛みが2日で消失

41歳 男性

ぎっくり腰のきっかけ

本を取ろうと中腰で手を伸ばした時に受傷

 

症状

身体を前かがみにすると電気が走ったような痛みが出るので、怖くてできない

 

施術での変化

夜に施術をし、家に帰る頃には楽になっていたと。

翌日には、ほとんど気にならなくなったようです。

2回の施術で終了!

なぜこんなに早く良くなったのかは読み進めていけばわかると思います。

 

トラブルに巻き込まれぎっくり腰に

この患者さんは、以前から時々来院されていて【脳と痛みの関係】の事は僕から話を聞いていました。

ある程度はご理解されていたとは思いますが、今回のぎっくり腰になった事により、さらに理解が深まったようです。(やはり強烈な経験がないと話を聞いても痛みとの関係が結びつかないのかも・・)

 

間接的な仕事上で、なかなか厄介な事案に巻き込まれてしまい、頭の中がその事でイッパイになっていました。

考え込む男性

こうなると意識活動の亢進が治まらず、痛みに関係する脳の部位が興奮状態になってしまうので、どうにか鎮めようと脳は勝手に仕事をしてくれます。

 

意識活動の亢進を鎮める為には、他の事で意識を逸らせる必要がありますね。

そのてっとり早い方法が【激痛を出す】という緊急避難なんです。

なった事がある方はわかりますが、イヤでも意識は痛みに向かいますもんね。

痛みの出現に関与する脳の働き

この意識活動の亢進による痛みをソフトペインと呼んでいます。

詳しくは→痛みの分類に新提起  従来の枠に収まらない痛みとは?

 

急性ソフトペインの安全性

僕は同じような経験で四十肩になりました。→僕の四十肩体験記

 

このソフトペインは痛みこそ強烈に出ますが、何の後遺症も残さずに改善するものなので、予後の心配はまったくいりません。

急性ソフトペインの合理性

 

人生を愉しみにいく

脳と痛みの関係は理解できたし、今回のようなぎっくり腰になった理由もわかった。

でも、「トラブルを抱えてる事には変わりないんだよ!」

そりゃそうだ。

人間生きてれば楽しい事も、楽しくない事も起こりますよね。

 

その楽しくない事を、今までの思考で捉えていると、今後の人生も同じような境遇になった時にまたダメージを受けてしまいます。

こういった事を回避できる唯一の答えを述べます。

 

『人生を愉しみ尽くす人格を持つ』

という思考になるだけです。

愉しむとは?

楽しむという字の如く『らく』をする事ではなくて、全ての事を能動的に『たのしみにいく』という意味です。

そこには、自分の好きなこと・得意なこと以外も含まれます。

 

今回の患者さんは、すぐにそれができたので驚異の回復ができたと確信しています。

 

まとめ

ぎっくり腰の一番根底にある原因は【脳疲労】であり、骨や筋肉などの損傷は重要ではありません。

 

ぎっくり腰を含む急性ソフトペインは経過は良好なので、無駄に不安を感じる必要はないんです。

 

もしなってしまった場合は、少し振り返れば思い当たる節があるはずです。

その上でマナ接骨院に来ていただけたら、そりゃ早く改善しますよ!

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 なぜなら、現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 痛みという感覚は脳で感じているので、ここを無視していてはどんなに身体をいじっても改善しない方が非常に多いです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。