BFI研究会 公式FBグループ【痛みの原因論を学ぼう】が始動

Facebook 画面

僕が温めてきた企画である、BFI研究会の無料フェイスブックグループ【痛みの原因論を学ぼう】が始動しました。
*何かしらの医療資格をお持ちであれば、どなたでも参加できます。

 

*重要:ただいま新規会員の募集はしておりません。 【脳と痛み】についてどうしても知りたいという方は直接僕にコンタクトを取ってくださるようお願いします。

 

FBグループ上でコンテンツを投入し、メンバー同士で情報共有する事で痛みについて共通言語で話ができる仲間を増やすためです。

参加する事による多大なメリットとほんの少し(でも絶大な)のデメリットを説明していきます。

 

ヒトの痛みについての理論や臨床例を通して理解を深めていけます

まずは、メリットから書いていきますね。

・BFI研究会のメインテーマである【脳と痛みの関係】を知る事で、カオスと化している痛みの原因論について疑問に感じていた事がクリアになったり、業界の売り上げ至上主義にウンザリしていた感情が払拭されます。

・普段の臨床で難渋している症例の疑問・質問を受け付け会員同士で共有し解決のヒントが得られます。

・真剣に痛みの改善に取り組む仲間がいる事を知り、真面目なあなたの想いが間違っていない事を強烈に認識できます。

・激痛や難治性の患者さんが来院しても、自信を持って対応でき、無駄な転院をさせなくて済みます。

本当に真面目な先生ほど、目の前で困っている患者さんを「何とかしてこの患者さんを助けてあげたい!」と真剣に考えていると思うんです。

そして、この環境ではそれが可能になります。

モヤモヤした気持ちで病院に紹介したりするの、もうやめませんか?

 

今までの経験や実績を捨てる覚悟はありますか?

僕の中で唯一デメリットかもしれないと感じているのが、【脳と痛みの関係】を知る事で今まで培ってきたハード論(肉体次元での施術)を論理的にことごとく否定される事です。

フラットな思考で受け入れれば当たり前の話なんですが、中途半端な覚悟ですと自分がそれまでにやってきた事が無駄に感じ「今まで何やってきたんだろう」と絶望感を味わうかもしれません。

しかし、それ以上の納得感を得られる環境であることは間違いありません!

あれもこれも取り入れ、全てが中途半端なセラピストが多い中、痛みの原因はソフト(脳)であってハード(肉体)ではないという事を知れる環境だと自負しています。

 

BFIの技術に関してはどうなの?

現段階では、配信コンテンツは『痛みの原因や脳、皮膚の関係にまつわる理論編』のみを考えています。

その理由は、技術の習得する前に原因論をきちんと把握していないと、今までと同じように色んなセミナーに参加するという繰り返しになってしまうからです。

中途半端にかじった知識ではBFIの技術は理解できないと今までの経験上強く感じています。

それくらい痛みの原因論を本気で理解するということは困難なようです。

 

逆説的にいうと、痛みの原因論を理解してしまえばわざわざ高いお金を払ってあちこちのセミナーに行く必要がありませんし、何枚も技術系のDVDを買うのがアホらしくなりますよ。

その上で、技術を学びたい意欲のある先生は埼玉県の大宮まで足を運んでいただきたいです。

今後、会員数が増加してくれば地方での技術研修会も検討しています。

 

グループへの入会方法

*重要:ただいま新規会員の募集はしておりません。 【脳と痛み】についてどうしても知りたいという方は直接僕にコンタクトを取ってくださるようお願いします。

入会の窓口は僕ですが、グループの中心はBFI研究会代表の三上敦士先生です。

入会方法と手順

①まずは、FBのアカウントがある事が大前提です。
*アカウントをお持ちで無い方はこちらから⇒SNSアカウント作成(外部リンク)

②竹田浩陽に友達申請&グループ入会希望のメッセージを送信してください。
*アカウントは⇒竹田浩陽FBアカウント

③メッセージ確認後、秘密のグループへ招待します。

以上です。 退会も自由ですのでお気軽にどうぞ。

 

興味をお持ちいただいた先生にお伝えしたいこと

今では経営セミナーや治療法のセミナーが数えきれないほどありますね。

方法論に突き進んでいっても改善しない患者さんは出てきます。
すると、また違う方法を取り入れてみる・・・。

でもね、ヒトの痛みってそういう事じゃないんですよね。
って、そろそろ気づき始めてませんか?

痛みの原因論を徹底的に理解できれば、そんなものに惑わされなくて済むようになります。

・グイグイ押す必要はありません
・ボキボキ矯正する必要はありません。
・ユラユラ揺する必要はありません。
・ベリベリ剥がす必要はありません。

それら全てが皮膚を介した接触刺激に他ならないのです。

【脳と痛みの関係】を知れば、その意味がわかります!

 

知ると言っても、「そういう症例もあるよね~」と中途半端な認識だと、また過去のツマラナイ方法論に思考が戻ってしまいます。

そうではなく、どこまで心の底から『これが答えだ!』と理解できるかが超絶重要なんです。

その上で、方法論を議論すべきなんですね。

 

まとめ

現在のところ、BFI研究会の既存会員がほとんどなので目新しいコンテンツはないと思ってます。
この先の構想やオモシロそうな企画は考えてますので、早くそれを出せる環境にしたいです。

その1例として、10月21日(日)に開催される講演会⇒BFI研究会 一般講演『痛みとは何か』
これの一部にはなりますが、動画配信をしようかと考えています。

講演会に来られる方は直接聴いた方が絶対にいいです! あの臨場感で聴いた方がインプットのされ方が違います。

 

手を取り合う仲間

グループに積極的に参加していただければ、こちらも全力でお応えしていきますので、先生も社会を変えていく一員になりませんか?

 

この記事が参考になったら
いいね ! ボタンを押してください

Twitter で
電子書籍【腰痛は考え方で劇的に改善する】Amazon Kindleから発売中

腰痛に限らず、なかなか改善しない症状には治療法を探す前に原因を知る必要があります。

痛みの専門家がお届けする、患者さんには知らされていない事実とは?

マナ整体ラボの電子書籍

Amazon

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です