膝の痛みが改善しない人に朗報! 読むだけで楽になるかもしれない話

下肢

その膝の痛み良くなりますけど…

膝が痛いという方はかなり多いですよね。

そして、長年膝の痛みを抱えている方の中で本当に治ると希望を持って治療を受けている人はどれだけいるのでしょうか?

 

軟骨がすり減って・年のせいだから・体重を落とさないと

まぁ色々と希望を持てないような説明を受けて、そう思い込んでしまい本当に痛みが取れない方が非常に多いです。

膝が痛い

 

昔の話ならいざ知らず、現在でも本気で軟骨のすり減りで痛みが出るなんて言ってる医療者は思考停止状態じゃないかと。

一般の人ならしょうがないです。

いまだにそんな説明をする医療機関が多いですからね。

 

しかし、医療者であるならば最新の情報を取り入れ、実際の症例と照らし合わせてどっちの情報が正しいのか、軟骨の再生はされてないのに痛みが取れたものに対してどのように考えるのか。

そろそろ本気で検討する時代になっています。

医者が言ってるから、昔からそう言われているからなんて通用しなくなっています。

感覚の鋭い患者さんは気づいていますからね。

膝の軟骨には痛みを感じる神経は存在しない

病院でも言われるし、サプリメントのCMでも言ってるし、あなたの周りの人も言ってるしほとんどの人が軟骨がすり減ってるから痛いんだって思っています。

しかし、解剖学の基礎の基礎で【軟骨に神経はない】って習いました。

教科書にちゃんと書いてあります。

 

なのにほとんどの医療者はそこを吹っ飛ばして軟骨がすり減ってるから痛いって説明してます。

教科書がすべて正しいわけではないですが、基礎中の基礎だから?もっと覚えなくちゃいけない事がいっぱいあるから?なのか疑問を持たずに臨床に当たっている医療者が多いです。

 

ある患者さんは、右膝が痛くて来院したのにレントゲンを撮ったら「左膝の方が悪いって言われました。」とのこと…

何の呪いですか?

いらない不安を与えてどうしようと思っているんでしょうか。

 

言ってる本人はいたってまじめに説明してるんだから余計にタチが悪いんですけど。

偽の手術でも痛みはなくなる

アメリカでの臨床研究ですが、【変形性膝関節症】の患者に対して、

① 関節の中の壊死組織を取り除く

② 関節の中を洗浄するだけ

③ 皮膚を切開するだけ

この3パターンを被険者がどの方法に当たるかわからないようにして実施したところ、いずれも痛みの変化に明らかな差はありませんでした。

 

これには、痛みの原因だと言われていた軟骨を取り除くんだから良くなるだろうという期待によるプラシーボ効果というものがあります。

偽薬でも効くと思って飲むと実際に効果が出るというものです。

 

先ほどの研究のように、どの方法に当たるかわからない状況でも期待値が高まればどの方法でも結果は良くなることがあるのです。

 

変形性膝関節症患者180名を関節鏡手術群、関節内洗浄群、模擬手術群に割付けたRCT(ランダム化比較試験)によると、関節鏡手術の成績は2年間にわたって模擬手術と同等だった。プラシーボに過ぎない関節鏡手術にかかる医療費は他に振り向けるべき。http://t.co/TbB5ddK

アメリカスポーツ医学会賞を受賞した有名な研究です。これも『ニューズウィーク日本版』で医療仕分けの対象として挙げられていましたが、医師はこの事実を知っていてもなかなかやめようとしません。

~TMSジャパン 公式ブログ~ より引用

 

筋肉を鍛えても膝の痛みは取れない

膝が痛い人によく指導される太ももの筋肉を鍛える方法があります。

ハッキリ言って病院内でやって効果が出た人は見たことありません。

 

なかには筋肉つけたら痛みが良くなったという方は実際にいます。

そういう方は普段から自宅などでも実践していたのでしょう。

筋肉がついたからというより、症状をなくすためにトレーニングをしたその過程で脳がポジティブな思考になった事により症状が消失したと考えるのが自然じゃないかと思います。

 

なぜそう思うのか?

それは、膝の痛みに対する筋トレは主に太ももにある4つの筋肉のうち内側広筋をターゲットにします。

 

その内側広筋は膝を完全に伸ばしていく最終域で働きます。

しかし、膝に痛みのある方や変形の強い場合はこの完全に伸ばすという事ができない方が多いです。

という事は筋トレをしても内側広筋が働いてくれません。

ただ足を上げてれば内側広筋がつくというものではありません。

 

筋トレで痛みが取れるという方は思考が前向きなので結果につながりやすいのです。

 

プロの選手のようにあれだけ鍛えていても膝が痛い人はいますしね。

ヒアルロン酸注射をしても軟骨は再生しない

整形外科では膝の痛みに対して注射をする事があります。

軟骨のすり減りが痛みの原因という理由で同じ成分を注入するという考えからです。

ヒアルロン酸を注射して軟骨が再生されたという確実な研究論文は存在しません。

なかにはレントゲン上で関節の隙間が広がった画像を見たことがありますが、ヒアルロン酸注射によるものなのかは不明です。

 

仮に軟骨が再生されるとしても、先ほども述べたように軟骨には痛みを感じる神経は存在しないので再生されたからといって痛みが消えるわけではありません。

 

それで痛みが消えるのは関節の隙間が広がったという事は軟骨が再生された=痛みが消えると思いこむ事で症状が変化したというのが最新の知見です。

変形性股関節症(股関節痛)、変形性膝関節症(膝関節痛)、変形性脊椎症(慢性腰痛)に苦しむ人たちにとっては、事程左様に愛してやまないサプリメントのようですけど、そろそろグルコサミンとコンドロイチンから卒業する時が来たようです。

米国医療研究品質局(AHRQ)は、変形性膝関節症に関する体系的レビューを行なった結果、グルコサミンとコンドロイチン・ヒアルロン酸関節内注射・関節鏡下手術のいずれもプラシーボを上回る効果は認められないとしていますし(2007年)、変形性脊椎症による慢性腰痛に関してもグルコサミンは無効であることが明らかになったばかりです(2010年

そして先日、変形性股関節症(股関節痛)と変形性膝関節症(膝関節痛)を対象にした10件のランダム化比較試験(n=3803)を分析したところ、グルコサミン単独群・コンドロイチン単独群・グルコサミンとコンドロイチン併用群・プラシーボ群との間には差がないことが証明されました(2010年)。つまり、サプリメントは関節痛にも関節腔狭小化にもまったく影響を与えないことが明らかになったわけです。

テレビ・ラジオ・新聞・週刊誌……などで反吐が出るほど、その有効性が確立されているかのごとく過剰情報が氾濫されている。エビデンスから見れば、ゴミ情報そのもの……こういうゴミ情報を公益性の高い電波を用いて氾濫させていいのだろうか? 総務省はまともな見解を出してほしい。

こういうエビデンスの少ない広告には電波使用不当利益と思われ、相当する広告収入を国庫へ拠出させるべきだし、メーカーへは製造過程の安全性レギュレーション強化を求めるべきである。

~TMSジャパン 公式ブログ~ より引用

 

体重が重いから痛いという嘘

膝が痛いと体重のせいにされることがよくあります。

膝に限らず力学的には体重が重い方が各部分の負担は大きいでしょう。

しかし、それと痛みの関係性は薄いです。

 

実際に体重の軽い、やせていても膝が痛い人はいます。

逆に体重があっても痛みのない方はたくさんいます。

 

単純に体重で痛みを語るのはやめましょう。

まとめ

・軟骨には痛みを感じる神経はないためすり減っていても痛みの原因にはなりえない。

・ヒアルロン酸注射をしても軟骨の再生はされないし、痛みとは関係ない。

・筋肉や体重も痛みと結びつけるには根拠が薄い。

 

まずは今までさんざん言われてきた痛みの原因を疑ってみて、「治るんだ」とポジティブになれるような情報を入手しましょう。

それだけで痛みが軽くなる人もいるはずです。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。