落合正和著『専門家ブログ制作・運用の教科書』のレビュー書いてみた

専門家ブログの教科書

この度、WEBメディアの専門家落合正和氏の新著『専門家ブログ制作・運用の教科書』が発売されました。

専門性をもったビジネスブログとして運営していくのであれば、必ずといっていいほど読んでおくべきだと感じたので記事にします。

著者 落合正和とは何者か!?

10年前からブログを書き続け、その間ネット上でいくつかの事故に見舞われながらもPVに頼らず収益を上げているという人物です。
著者のブログはこちら⇒ネットメディア研究所

彼のことは高校時代からの知り合いであり、柔道部で苦楽を共にした仲間でもあります。
今では見る影もありませんが、ムチャぶりの減量を課せられガリガリに痩せた姿も見てきました。

そんな間柄だからという訳ではありませんが、ネット上には胡散臭い情報を発信している人も多い中、彼は見た目とは裏腹に責任を持った信用できる人物なのです。(断じて盛ってない!)

そんな彼が2冊目の書籍を出すということで、僕自身もかなり尖った専門的な分野を扱っているので読むことにしました。

ご購入はこちら⇒AMAZON
今ならAMAZONから購入すると良いことがあるようです。

 

専門ブログは徐々に大きく育てる

多くの場合、いきなり専門家として認知されるなんてそうそうあるもんじゃないですよね。

著者の場合も今でこそ広い分野で活躍していますが、初めは『Facebookの専門家』という限られた枠だったようです。
その後も時代を先読みし、SNSの専門家⇒ウェブメディアの専門家と幅を広げていきました。

その事によりしっかりとしたビジネスとしての幹が出来上がり、そこから枝葉がいくつも派生しいい循環をしているようです。

 

僕は元々専門性を持っていたので、著者の提唱する方法に沿って運営をしています。
そもそも他のやり方はあまり知りませんし、信用できる人からしか教わりたくありません。

僕の業界にもホントに色んな人がいて、心底ウンザリしているのでやっぱり人格って大事ですよね!

 

メディアからの出演・執筆依頼もブログから呼び込む

数多くのテレビ出演をしている著者ですが、初めから有名だったわけでもないし業界人に知り合いがいた訳でもなかったんですって。

僕はてっきり『コネ』でもなければそういった仕事が舞い込んでくる事はないと思ってたんです。

また僕の業界の話になりますが、ある有名な先生はウン百万の大金を払って新聞記事に投稿したりテレビ出演したりですっかり有名人になった人がいます。

そんな話を多く聞いてると、ビジネスとしては成功してるのかもしれませんが、僕が患者だったら絶対に診て欲しくないってのがゴロゴロいるんですよ。

その点、著者は自分の実力で勝ち取ってきたってとこにも惹かれますね。

僕の専門は地上波ではウケません。 なんせ巨大組織が牛耳ってますから。
でも確実に医療費削減には貢献できると思ってます。

 

ブログ初心者にこそ必要な情報が詰まってる

特にこれから自分の専門性をブログで活かしていこうと考えている方にとっては本当に『教科書』的な位置づけだと感じます。

WordPressの開設からその後の進め方にまで丁寧に書かれています。

そして専門ブログの書き方や活用術までてんこ盛り。
ベースはこれだけでもイケるんじゃないかと思います。

あとは度重なるアップデートでPV集めに疲れちゃったあなたにもね。

 

まとめ

どんな情報を入手したところで、実際に行動しなければ何も起こりません。

とりあえず、この本を読んだら《今までの自分》というフィルターを通さずにやってみてください。
僕もそうします。

やっぱり紙の本で持っておくと何かと便利ですね。

おわり。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です