交通事故でのむち打ち  後ろから追突され首~腰を痛めた症例

渋滞中

停車中に後ろから追突された

41歳 男性

信号待ちで停車中、後方から追突され受傷。

当日、当院に来院されました。

 

症状

受傷直後という事もあり、首~腰にかけての鈍痛を訴えていましたが、患者さん自身よりも同乗していた娘さんの方を心配していました。

交通事故では、受傷直後よりも数日経ってからの方が症状が悪化する事があるので、その時は大丈夫だと思ってもきちんと通院するべきなんですね。

そして、間違ってもその場で相手と示談なんて事はやめましょう!

 

娘さん本人はどこも痛くないと言っていたが、親御さんが心配していましたし、症状を訴えてないけれど同乗していたのを知った以上そのままほっとく事もできないですよね。

念のためヒアリングと中枢性の反射をチェックし、万が一頭痛や嘔吐があったら救急に行くように伝えました。

現状を説明し、ひとまず安心してもらえたので良かったです。

保険会社からの了承を得て、マナ接骨院での施術継続

患者さんから保険会社へ連絡をしてもらい、当院への通院の了承を得て施術を継続する事にしました。

数日後、病院でレントゲン検査を受け診断書も作成し、人身事故としての扱いになりました。

 

受傷翌日から

・首を右に向けると左の首に痛み

・頭の方まで重い感じ

・肩甲骨の辺りに常に鈍痛

・体幹を動かすと背中~腰に痛み

・左側全体に筋肉の過緊張

など事故当日よりも症状は悪化していました。

首のむちうち症改善

初めにあった頭の鈍重感は3日程で改善しました。

仕事で車に乗る事が多いので、首の痛みのため運転に支障はあったが施術を重ねていくうちに症状も軽減していき、1か月ほどで治癒になりました。

 

症状の程度の差がある事は大前提として、一般的にむちうち症は治らないというイメージがあるかもしれませんが、ただマッサージするとかではなく適切な方法で対処すればきちんと良くなるものなんです。

背中の痛みの経過

初めは身体を動かすのに痛みを伴っていたが、その痛みは2週間程で消失しました。

ただ、車の運転やデスクワークで長時間同じ姿勢でいると、背中の鈍痛が強く出ていました。

同一姿勢による身体の負担より、デスクワークによる脳疲労による影響の方が強そうでした。

 

それでも施術を重ねていくうちに、痛みも軽減していき2か月程で治癒となりました。

腰の痛みの経過

前・後屈での痛みもありましたが、それよりも背中同様に同じ姿勢でいる方がイヤな痛みがありました。

それでも動いているうちに痛みは軽くなるので、普段の生活にあまり支障はないようでしたが、意外と長引いてしまい3か月程かかってしまいましたが治癒となりました。

まとめ

一般的には、交通事故によるむち打ちやその他症状はなかなか良くならないというイメージがあるかと思います。

しかし、痛みに対する正しい情報や適切な施術をすれば、きちんと改善していきます。

純粋な身体のダメージも勿論ですが、その他のフォローも対応させていただきます。

 

交通事故患者さんを集める事に一所懸命な所が多いですが、肝心の施術が不適切だと症状を長引かせるだけになってしまいます。

きちんと改善させたい方は、治療する院もちゃんと選んでほしいと思います。

松伏町のマナ接骨院は交通事故の施術にも自信があります!

 

この記事が参考になったら
いいね ! ボタンを押してください

Twitter で
ご予約はこちらから

お日にちと、おおよそのお時間をご記入のうえ送信して下さい。

    お名前 (必須)

    電話番号 (必須)
      

    メールアドレス (必須)

    題名

    メッセージ本文

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です