脳疲労からのぎっくり腰が3日で改善   激痛でも原因がわかれば怖くない

ぎっくり腰(魔女の一撃)

通称【魔女の一撃】といわれるギックリ腰、僕も経験があるのでわかるんですけど、あの痛みは強烈ですよね?

特に初めてなった時なんかは自分の腰がどうにかなっちゃったんじゃないかと心配にもなるでしょう。

 

実際には、骨などの構造的な部分に破綻が起きているわけではないのでご安心を。

「じゃあ何なの?」という問いにお答えします。

クーラーボックスを持ち上げてぎっくり腰に

39歳 男性

飲み物の入ったクーラーボックスを持ち上げた際に受傷しました。

直後は痛みはあったが、さほど酷くはなかったようです。

 

仕事はお盆休みの為身体の負担はなかったようですが3日後の朝、目が覚めると動くのが困難なほど痛みが強くなっていたそうです。

仕事が始まり通常は1人での作業だが、あまりの辛さに助手をつけてもらったと。

受傷から1週間後 初診

来院当日は、前日よりは「若干マシな感じはする」と仰ってましたが、動くのがかなり大変そうでした。

痛みは左の腰のみで、左腰の筋肉の緊張も強くモッコリしていました。

 

ヒアリングからわかったこと

・新居に引っ越しをして初めてのお祭りで、自治会の会長を任された。

・具体的に教えてくれる事もなく、自分で考えながら進めていかなくてはいけなかった。

・さらに周りから使えないヤツと思われたくないので、必要以上に頑張っていた。

 

・無事にお祭りが終わり、緊張の糸が切れたところで腰痛悪化!

 

ぎっくり腰に対する説明

・今回の腰痛は身体の負担よりも、気づかいなどの脳疲労によるものの影響が大きい。

・骨や筋肉などの構造的な欠陥ではない。

・よってBFI療法で脳疲労にアプローチすれば早期に改善する。

予約での施術

仕事は休めないし早く良くなりたいという事で、初診の翌日が日曜日だった事もあり、予約の施術で集中的に行いました。

初回の施術後は徐々に痛みが軽減していて、2日目の起床時にはだいぶ楽だったと。

 

初回に引き続き脳疲労や痛みとの関係をさらに深く説明し、患者さん自身も納得してくださり、今回のぎっくり腰がなるべくしてなったとわかっていただけたようです。

 

施術中は寝返りの際に痛みはあるが、初回の時とは全然違っていてスムーズでした。

施術後は起き上がったり、椅子の立ち座りも改善していました。

3日でほぼ改善した

翌日、仕事中に少し時間が取れたのでとどめの施術を受けに来院してくださいました。

あらゆる動作が2日前とは別人のようになっていました。

 

患者さん自身が「こんなに早く良くなるとは思わなかった。 もう少し時間がかかるのを覚悟してました。」と予想以上の回復によろこんでいました。

 

3日という日数が特別短いという訳ではなく、そこを強調したい訳でもないんです。

むしろ1日やその場で良くなることだってありますから。

まとめ

ぎっくり腰という強烈な痛みは、身体の問題だけではなく脳疲労の蓄積によって、結果的に出る症状であるという事を認識していただきたいです。

 

要因となる事象がわかれば、肉体次元の余計な不安も軽減するはずです。

 

ぎっくり腰は、ほっといても痛みはなくなる事が多いですが、頻繁になってしまうという方はきちんと診てもらえるところで施術を受けることをおススメします。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。