不意の交通事故でムチ打ちに! 症状が悪化してから来院したのは○○によるものだった

首や頭の痛みで困った女性

交通事故による症状は、単純に身体へのダメージだけではありません。

たとえレントゲン検査で異常がなくても、強い痛みが出る事はあります。

ただ、痛みというものは完全に自覚症状なので、経過に対する『判断材料として画像検査がある』という事を認識しておいた方がいいでしょう。

 

ここを明確にする為に医療者はもちろんですが、患者さんも痛みについて知っておかなければなりません。

 

下を向いていた時に衝突

59歳 女性

車の助手席に乗ってスマホをいじっていた時にぶつかり首を痛めました。

助手席でスマートフォンに夢中

まったく予測していなかったので、かなりの衝撃だったようです。

 

事故後に整形外科を受診し、レントゲン検査の結果はいわゆる【ムチ打ち】

湿布と痛み止めの薬を出され、「ウチじゃこれ以上の事は出来ないから接骨院行って」みたいな説明をされたようです。

 

しかし、この患者さんの接骨院に対するイメージがとにかく良くなくて、怖い事される、痛い事されるとずっと思っていたらしく行きたくなかったようなんです。

 

そんな時、知人から当院の事を「あそこはそんな事しないから大丈夫だよ」と言われ、なんとか行ってみる気にはなったが、それでも不安は解消できませんでした。

 

そこで、同乗していたご主人も負傷しているので先に来院し、施術を受け「大丈夫だから行ってこい」と、ようやく決心がついたようです。

 

不安によるソフトペイン恐るべし

レントゲン検査では異常なし。

でも痛い・・・・・

疑問を感じている女性

 

ここで「何でだろう?」が頭の中で大きくなってしまうとその後の経過に影響が出るので、初めにきちんとした説明が必要になってくるのです。

これは患者さんではなく、データにしか興味がない人には一生分からないのかもしれません。

 

こういう人は、「骨に異常ないんだし大丈夫だろう」と考えているのかもしれませんが、それは大間違いです。

 

痛みの分類は痛みの分類に新提起  従来の枠に収まらない痛みとは?でも解説しています。

・事故による首のダメージはハードペイン

・事故に遭ってしまった・この痛みは治るのか?という感情からくる痛みはソフトペイン

・上記の混在した痛みはハイブリッドペイン

 

レントゲンで異常がなくても、ソフトペインの割合が高くなれば痛みの症状が強く出ることだってあるんです。

ここが、画像だけでしか判断できない人には理解が難しいみたいです。

困った表情の女性

 

この患者さんの症状が酷くなった一番の理由は、

【前医で痛みの説明が全くなかった事による症状の経過に対する不安が大きくなった事】です。

 

こんな感情を持ったままの状態で治療をしたとしても経過は不安定になる事が多いんです。

 

レントゲンで異常がないからといって軽く診るくらいなら、余計な事はしないで欲しいんですよね。

そんな事だから、一般的にムチ打ちは治らないなんて思われているんじゃないかと感じます。

 

ムチ打ちに対する施術後の経過

初診から3日後に日曜日の予約施術を受けていただきました。

ここでも痛みの原因やメカニズムを詳しくお話し、BFI療法を行いました。

施術後は「かなり楽になった」と。

 

その後の経過は、施術をすれば症状は改善するが、仕事で心理的にダメージを受けると鈍痛が出るといった事が繰り返しありました。

 

しかし、BFI療法を続けた事とマインドセットのお話をしていくうちに、嫌な事があっても症状に直結する事が少なくなってきました。

 

元々の素因はあるので、今後も不調を感じる事はあるでしょうが、原因さえ知っていれば不安になる事は少ないはずです。

 

おまけ

・眠剤を飲んでも睡眠が浅かったのが、途中で目が覚める事が少なくなり質が上がった

・仰向けで寝ると腰が痛かったのが良くなった

 

ムチ打ちの施術で他の不調も改善したので、うれしそうに話してくれました。

 

思い切ってマナ接骨院に来て良かった

当院に来るまであった【接骨院の悪いイメージ】は完全になくなりました。

まぁ接骨院だからといって全てが安全とは言えませんが。

 

そして、「あのまま病院に行ってても良くならなかったかもしれないし、こちらに来て本当に良かった」と言っていただけました。

 

・強い刺激が苦手

・ボキボキされるのが怖い

・治療なのに痛いのはイヤ

こんな理由で痛みを抱えたまま過ごされてる方には、うってつけの施術を受けられるのがマナ接骨院が所属しているBFI認定院です。

施術法だけではなく、症状の根本原因を説明するので安心して通院できる【かかりつけ】となるでしょう。

 

まとめ

身体のダメージにばかり目を向けていると、画像検査の結果と症状の強さに疑問視する者も出てくるかもしれません。

そんな時は、ヒトの痛みを深く理解している医療機関を受診する事を強く勧めます。(なんかテキトーだなと感じた時もです)

あなたの痛みは、医療者も・保険会社も・誰も変わってくれませんからね。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 なぜなら、現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 痛みという感覚は脳で感じているので、ここを無視していてはどんなに身体をいじっても改善しない方が非常に多いです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。