刺激依存から脱却するために 「マッサージして楽なのはその時だけ」って人必読

マッサージ

強いマッサージじゃないとダメ!

ボキボキしてくれないとイヤ!

って方はこの記事をスルーした方がいいと思います。

本当に痛い時にマッサージは危険かも

巷では揉みほぐし屋さんが増えてますね。

疲れた時にリラクゼーションとして利用するのはいいと思います。

リラクゼーション

適度なマッサージは気持ちいいですからね。

ただ、明らかな痛みやしびれがあるのに漫然と受けるのはどうかと思います。

受けている時は気持ちいいからという理由で続けていると、なかにはその刺激なしではいられなくなったり、刺激に慣れてきてどんどんエスカレートしてさらに強い刺激を求めるようになる人もいたりします。

 

そうなってしまうと、初めの目的は【痛みを取るため】だったのが、いつのまにか【マッサージを受ける】ことになってしまいます。

 

手段と目的の関係が崩壊しています!

 

自分でも気付かないうちにそういった思考に陥ってしまうと、後から否定されても話が通じなくなってしまいます。

 

ジャンクフード

ジャンクフードが食べたくて食べたくてしょうがない人に、日本そばや京懐石をすすめたところで受け入れるはずがないですよね。

どんなに素材の素晴らしさや身体にいいことを話したところで響くはずがないんですよ。

交わることがないのでお互いに不幸になります。

エネルギーの無駄です。

なんで痛いのかを知れば回り道をしなくて済む

さすがに激痛の時に強いマッサージを受けようと思う人は少ないでしょう。

 

そこまでじゃない場合がどれを選択するか迷うのかもしれません。

・マッサージがいいのか

 

薬

・病院で薬をもらえばいいのか

 

ストレッチ

・自分でストレッチすればいいのか

・電気治療がいいのか

 

極端な話、脳との相性があるのでどれで効果が出るかは誰にもわかりません。

テレビに出てたから・肩書きが立派だから・クチコミがいいからなど、治療を受ける前の段階で期待値が高ければ良い結果が出る事もあるでしょう。

 

院内の雰囲気や先生の印象が良ければ結果も変わるでしょう。

 

いずれにしても、トータルでポジティブな条件が揃えば結果オーライという事になります。

 

ただ、こういった表面的な部分で改善しない方も多くいます。

そうなってくると『人の痛みとは何なのか?』といったちょっと深い話が必要になってきます。

 

そんなに難しく考えないでも大丈夫です。

要は人の痛みは身体だけの問題ではなく脳(こころ・感情)と密接な関係があるという事を知っていただければいいんです。

そうすれば、不必要な強い刺激を求めることもなくなるはずです。

 

痛みやしびれは色々な要素が絡んだ結果、症状として出ているのであってなにも悪者扱いしなくてもいいんです。

そういった症状が出ているということは「そういえば最近あんな事があったからな」くらいで留めておいて、症状に対する不安などを強めてはいけません。

気軽なマッサージも注意が必要

以前ニュースでも取り上げられていましたが、軽い気持ちで受けたマッサージで事故が発生したりもあります。

http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3768/1.html

 

厳密にはマッサージは国家資格保有者のみに認められた行為であるので、マッサージと言わずリラクゼーションと掲げています。

多くは国家資格を持たず、研修を受けただけの人でも出来てしまうんです。

 

言い方を変えただけのグレーな感じ。

 

マッサージに限らず、強い刺激の施術にはこういったリスクもあるという事を覚えておいてほしいです。

 

実際に僕も経験があるんですが、自分の指が痛くなるほど強く押したり、肘を使って体重を乗せたり……。

それで治るわけでもなく、ほぼ毎日それの繰り返しで「何やってんだろうなぁ」って思ってました。

それでいて背中や腰の筋肉が固いまま。

 

先ほども書いたように、目的が治す事じゃなくなってるんですね。

 

けっこうそういった病院や接骨院って多いんじゃないかと思います。

マッサージ好きだったのに必要なくなった人もいる

全体からするとかなり少数ですが、マッサージが好きで月に何回も通っていた患者さんやちょっと疲れてくるとすぐにマッサージをしてもらいたくなる患者さんがいました。

 

単純な話、それ以外の方法を知らなかったんですね。

 

やってもらった時だけ楽、次の日には戻ってるなんて言ってました。

 

当院に来院された患者さんも、目的がマッサージであればお断りするのですが、きちんと話を聞いて理解をしていただき施術をしていくうちに「そういえば最近マッサージしてほしいと思わなくなった」と仰ってました。

 

まだこういった方は少ないとは思いますが、症状への理解が深まると施術に対する意識も変わり受け身じゃなくなってくるんですね。

 

「治してくれ」じゃなくて「治すんだ」って思ってもらえたらうれしいです

まとめ

痛みの原因をきちんと理解し、なるべく強い刺激は避けた方がいい。

 

なかには重大な事故も起こっている。

 

本来、人の身体には防御反応があるので強く押されると逆に筋肉が固くなることもある。

 

以前よりはソフトな施術をする先生は増えているので、徐々にわかってきてるのかと感じています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。