骨折後の拘縮に対する施術 ~痛みなく改善する方法~

手首の骨折

当院にて骨折に対し、応急処置として整復・固定後に整形外科で治療を受けていて、3か月経過し拘縮後療で施術をすることになりました。

受傷時の記事はこちら↓↓

骨折後の拘縮に対する施術 ~受傷から3か月間の経緯~を読んでからの方がこの先の理解が深まると思います。

 

今回は軽度な拘縮で済みましたが、重度の拘縮であっても施術の方法はほぼ同じです。

一番重要なターゲットは患部ではなく、脳にあります。

そもそも、拘縮を起こさないように極力リスクを下げることが重要なので、そのあたりも解説していきます。

超ドキドキで患部を診た結果

整形外科での強引な整復操作、窮屈な角度と不要な部位にまで及ぶギプス固定を見ていたので、内心どんな状態になっているのかずっと不安でした。

CRPSを発症し、「指や手首がほとんど動かないんじゃないか?」「むくみが消えてないんじゃないか?」

色々と想像する日々でした。

だが、結果は僕の予想を裏切るいい結果でした。

骨折後の指の動き

 

この安堵感! CRPSを知らなかったらわかんないだろうなぁ

関節拘縮の状態が良好だった要因を探る

さすがに初めのころは、ちょっと動かすと痛いしこのままで本当に良くなるのか不安だったようです。

特に印象に残った言葉が「もしかしたら、もう右手でご飯が食べられないかもしれない」とまで思ったそうです。

 

ギプス固定を除去した直後は、指も手首もほとんど動かないし痛みもあったのでかなり不自由でした。

 

僕が関与した事と言えば、まだギプスを巻いている時にお話する機会があり、僕がプラセボ大魔神に変身してポジティブな言葉を浴びせたことくらいです。(←結構大事だったりします)

 

日常生活でのリハビリ

それでも、日常ではやる事があるので自然と使っているうちに段々と指や手首が動くようになってきたということです。

『自然と』というのが意外と大事だったりするんですね。

 

ネガティブな感情(なんで自分だけがやらなくちゃいけないんだ)をもっていたり、こんな事して大丈夫かという不安な気持ちが強かったりすると回復が遅れる傾向にあります。

ですが、いきなり全ての家事をこなすのは無理があるので、まわりの協力は大事になってきます。(特に普段家事をしない男性は、せめてこんな時くらいは協力しましょう)

 

整形外科でのリハビリ

ギプス除去後はリハビリとしてマッサージを受けていたと。

僕が懸念していた、痛みを我慢して無理やり動かすような他動運動はされなかったみたいで、胸を撫で下ろしました。

ほんと良かった!!

 

なぜかというと、痛みをこらえて行うリハビリは、それだけでCRPSの発症・増悪のリスクが高いからです。

ただでさえ骨折の整復時に強烈な痛みを感じてしまったので、それは避けて欲しいと思ってました。

 

例外として

基本的な考えとしてCRPSを念頭に置いて施術を進めるべきですが、中にはリハビリは痛いもの・痛くても我慢するもの完璧に信じ込んでいる方には無茶なリハビリも有効ではあります。

ただ今の時代、そういった方は極少数なので当院では無茶なことはしていません。

痛みのない施術で関節拘縮が改善する理由とは!?

関節拘縮とは関節が動かなくなった状態を言いますが、そうなってしまう本当の原因は脳にあります。

脳といっても何か病気が隠れてるとかではないです。(念のため)

 

痛みというのは【感覚+感情】で成り立っています。(BFI研究会でいうハイブリッドペインです)詳しくはこちら↓

痛みの分類に新提起を  従来の枠に収まらない痛みとは?

 

この感情の部分が大事で、単純に痛みを感じると患部を動かさなくなりますね。

さらに不安(ちゃんと良くなるのか?)や恐怖(また痛いリハビリをやられる)の感情があると無意識レベルで組織の緊張を生んでしまいます。

治療やリハビリで痛みを感じながらやると、身体は抵抗するので逆に関節や靭帯はかたくなってしまうのです。

なので、拘縮の施術で大事なのは身体に触る前に、いかに【感情の緊張を取れるか】という事になるんです。

 

要はどれだけ安心スイッチを入れてあげるか

という事に尽きます。

 

その上で当院では、運動・感覚の最高中枢である脳(特に無意識)に、皮膚を介して適切な触覚刺激を与えるBFI療法を取り入れています。

日常生活で気をつけるべき事とは?

今回の症例のように日常の家事などで手を使う事は、それだけで十分なリハビリになるんです。

下手に強引な他動運動なんかをされるより、よっぽど安全に改善していくでしょう。

その時、イヤイヤやるべきではないですし、がむしゃらに必要以上にやる事もありません。

あくまでフラットな気持ちでやるのがいいです。

 

さらに日常の生活にヒモトレを取り入れると、よけいな筋緊張や身体のバランスを調整してくれるのでより効果が上がるでしょう。

ヒモトレでのリハビリ

ヒモトレについてはこちら↓

ひもトレから見る身体の可能性 痛みの施術にも適用できる

これも脳と皮膚の関係(脳膚相関)があり、全ては繋がってるんですね。

まとめ

大前提として、拘縮やCRPSを深く知っている医療機関を選ぶべき。

 

拘縮が起こったとしても、昔のように痛みをガマンしながらのリハビリじゃなくても改善します。

もし、現在痛みを堪えながらリハビリを受けていて改善しないか悪化していたら、即刻止めましょう。

 

BFI研究会では、外傷に対してCRPSをいかに防ぐかを第一に考えています。

関節拘縮についてもっと詳しく知りたい方は、難易度高いですがこちらの前・後編ともお読みください↓↓

BFI研究会 代表のブログ

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。