2年前からの腰痛が改善し痛みに対して怖くなくなった症例

恐怖がなくなった女性

ぎっくり腰を経験してからずっと腰に恐怖心を抱いたまま生活していましたが、痛みの真実を知ったことにより気にならなくなってきた症例です。

これは断言しますが、痛みの原因を理解出来たら早く良くなりますし、ある程度自分で痛みをコントロールできるようになります。

今までの間違った思い込みをマナ整体ラボで払拭してみませんか?

 

子どもを持ち上げて急に腰痛が出て動けなくなった

40歳 女性

1か月前に仕事で10kgの子どもを持ち上げた後から腰に痛みが出て動けなくなった。

 

症状

起床後、仕事中、仕事後、要は起きてる時はずっと痛い状態でした。

 

既往

2年前に仕事中にプールに入り、その後エアコンの入った部屋にいて、それから竹を持った時にぎっくり腰になった。
整形外科を受診し、レントゲン検査で異常はなく湿布を処方されたのみ。

 

腰痛の原因を知り痛みのイメージが一気に変わった

当院の患者さんの紹介で来院したので、全く何も分からない状態ではありませんでしたが、改めて痛みという症状の原因や対処法の説明をし、患者さんの中で抱いていたイメージが覆されたようです。

当院に来るまでは少し離れた所にある接骨院まで通院し、痛いくらいの強いマッサージを受けていたそうです。
それでも常に腰に意識が行ってしまい、負担をかけないように注意しながらじゃないと動けない状態だったようです。

寒い時期なんかはストーブの前で体を温めてからじゃないと動き出せなかったみたいです。

こういった患者さんは本当に多いです。

痛いマッサージは効いてる訳じゃない! 太ももの激痛で休職に追い込まれた症例でも述べていますが、そんなのただのリラクゼーションです。(リラクゼーションにすらなってない場合もアリ)

もう二度と痛みの出ない不死身の体を作る事はできませんが、痛みが出たとしても不必要に心配しなくて済むように導いてあげるのが大事な仕事なんじゃないかと僕は考えてます。

まぁそうなると売り上げは落ちる事になるので、本気で取り組む院はごく一部でしょうけど・・・。

 

僕からは筋肉のかたさで痛みは出ませんし、ほぐす必要もないと説明しました。(そもそも強いマッサージでほぐれるとかもないんですが)

この患者さんの中では、痛みは絶対悪であり無理をするととんでもない事になるという腰に爆弾を抱えているイメージが強固にこびりついていました。

こうなってしまうのは医療者の責任です!

正しい情報が提供できれば、こんなに苦しむ状況に追い込まれることなんてないんですよ。
逆に呪いばっかりかけてリピートの事しか考えてないから痛みの業界はメチャクチャになってるんです。

 

ただの気休めの言葉ではなく、脳疲労をきちんとしたロジックで説明し安心感を持っていただけるように当院では心がけています。

 

たった1回の施術で変化を感じその後も痛い時はあるが以前のような怖さはない

十分な説明の後、BFIで施術をし腰痛に変化が起こりました。

この方のご主人も当院に通われいるのですが、ご主人から聞いたお話ですと今までと違って調子が良くなったと言っていたそうです。

以前から決まっていた海外旅行も、マナ整体ラボに来る前は不安があったようですが楽しく過ごせたようです。

この旅行先が僕も行った事があり、当院の名前の由来にもなったフィジーだったんです。

こんなとこでフィジーの話ができるなんて思ってもいませんでした。

 

初検から約1か月に再来院しました。
何人もの子どもをお風呂から抱き上げた際に腰がピキッとなったようです。

これもすぐに改善したようで、マナ整体ラボに来るまでの経過とは大違いですね。

 

まとめ

たとえ2年前からの腰痛であっても原因に気づき、対処法を間違わなければ早期の改善は可能です。

絶対条件ではありませんが、どちらかといえば素直に受け入れた方が確実に早く良くなりますね。

巷に溢れている不安になるような情報はシャットダウンした方が賢明だと考えます。

マナ整体ラボではきちんとした信念をもって施術に当たっていますので、本当にお困りの方は当院をご利用ください。

 

この記事が参考になったら
いいね ! ボタンを押してください

Twitter で
ご予約はこちらから

お日にちと、おおよそのお時間をご記入のうえ送信して下さい。

お名前 (必須)

電話番号 (必須)
  

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です