【肉離れ】は起こるべくして起きている その原因の真相に迫る  

肉離れ

なぜ肉離れは起こるのか?

肉離れというとふくらはぎ・太もも・脇腹あたりに起こりやすいでしょう。

正式には《筋挫傷》といいます。

原因としては走っている時、ジャンプした時・着地した時、急激に捻ったときなどに起こりやすいです。

全力疾走

 

ただ、今挙げた原因はあくまでもケガをした瞬間のことを指しています。

その奥には隠れた真の原因があり、それこそが『起こるべくして起きた』と言っていいでしょう。

 

肉離れの真の原因とは?

肉離れが起きる原因で、筋肉疲労・筋肉の緊張が強い・固いなどわかりやすいものは想像できるとは思います。

では、なぜそういった状況になってしまうのでしょうか?

その答えはにあります。

脳の画像

筋肉の緊張の度合いを調整している1番の親分はにあります。

その脳に疲労やストレスなどの感情の問題が絡んでくると、無意識に緊張が強くなったり瞬間的な緊張のバランスが崩れたりしやすくなります。

その結果の《肉離れ》なんです。

 

例えば、陸上の短距離走で走っている最中に肉離れを起こす、テニスの試合中にふくらはぎやわき腹に肉離れを起こす、こんなシーンを観た事がある方もいると思います。

世界で活躍するような選手で筋肉が足りないなんて事はありえません。

筋骨隆々

その大会に向けてコンディションを整えているでしょうから、直前までオーバーワークという事も少ないでしょう。

身体の柔軟性があるから大丈夫というわけでもありません。(かたいよりは柔らかい方がいいですが)

 

では、なぜ肉離れを起こしてしまうのでしょうか?

それは、大会やその練習に対しての想いの強さや不安、緊張などが作用し通常よりも筋肉の緊張が強くなってしまう事に起因します。

最近では、それがわかっているからだとは思いますが、選手たちからは「平常心で臨む」 「練習通りやれば大丈夫」などの言葉が聞けるんだと感じます。

 

僕の柔道時代を思い返しても、そういったメンタルの重要性は強く感じています。

肉離れは本当に再発しやすいのか?

スポーツ選手のニュースなどでも肉離れが再発したという話が出ます。

一度肉離れを経験してしまうともう二度と元の状態には戻らないんでしょうか?

そんなことはありません!

 

やはり、そこにも脳の機能が関係しており一番のネックは恐怖心です。

恐怖

 

「また傷めたらどうしよう」 「もうケガをする前の状態にはならないかも」などの負の感情が出てしまうと意識はケガをした場所に集中してしまうので、必然的に患部の緊張は強くなってしまいます。

それを克服するのは簡単なことではない事はわかっています。

脳と痛みの関係を知らずに克服するのは非常に困難でしょう。

 

まだスポーツの現場では「ここの筋力が弱い」と筋肉のみで考えている傾向にあるので、よっぽど痛みの勉強をしている人でないと気づけないと思います。

筋肉論に固執しているトレーナーにより、選手が苦しんでいるのを見るのはツラいです。

ケガや痛みの問題は【身体だけの問題】ではないんです。

そこをどれだけ選手に自覚してもらうかがトレーナーなど選手に携わる者の役目じゃないかと思います。

実際の施術で気をつけていること

足がつけない程の痛みであったり、内出血している状態の時には損傷の度合いは大きいので患部を安静に保てるよう固定をします。

 

場合によっては松葉杖で体重をかけないようにします。

固定をするにも、ただガチガチに固めればいいというものでもありません。

痛みを軽減する事は大事ですが、窮屈だったりきつすぎてもいけないので、如何に固定をされていて安心できるかを重視しています。

 

固定中の不快感が少なければ、その分損傷した筋肉が良くなっていく過程で硬くなる心配が減ります。

結果、固定後のリハビリで痛い思いをする必要もなくなり、突っ張る感じなども最小限で抑えられ早く復帰することができるようになるんです。

まとめ

・肉離れとは言っても、単純に筋肉の問題だけで起こるものばかりではない。

・一般的なストレッチだけで肉離れは予防できるものではない。

・競技復帰に向けて恐怖心を無くすためにも、脳と痛みの関係を知っておくと考え方が変わるはず。

 

適切な治療で再発の心配を減らしましょう。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。