体勢を変えた拍子に膝をケガした症例に対するプライトン固定

膝の痛み

ちょっと膝を捻っただけで痛みが強く出た症例

68才 女性  会社員

こたつで足を伸ばして寝ていて体勢を変えようと動いた際、膝に痛みが出た。

湿布をして一晩経ったが、痛みが残っていたので来院されました。

 

症状

膝の内側が腫れていて、押しても痛い・動かしても痛いという状態でした。

歩くのにも痛みがあり、びっこを引いてました。

 

処置

ケガの仕方は些細な事でしたが、痛みも含め症状が強かったのでプライトンによる前面からの固定をしました。

膝前面のプライトン膝のプライトン固定後

 

前面から固定する理由としては、後ろから固定されると極端に生活に支障が出る事と拘縮が発生しやすいからです。(もちろん症状によって異なります)

 

受傷機転の程度より症状が強くでた理由

寝ていた体勢から向きを変えただけで膝を痛めたという状況は普通に考えれば「それだけで?」って思いますよね。

昔の僕だったら「なんじゃそれ!」って普通に膝の状態しか診ずに処置していたでしょう。

しかし、今は弱い外力でも症状が強く出る理由を知っているので、こういった場合はちょっと慎重に患者さんを診ています。

今回の場合は、仕事が忙しい時期に息子家族にお呼ばれされていて、本当は断ろうとしていた矢先に電話で催促されてしまったという経緯がありました。

 

これこそが感情のねじれという現象です!

BFI研究会の提唱するハイブリッドペインそのものです。

ハイブリッドペインについてはこちら→ 痛みの分類に新提起を  従来の枠に収まらない痛みとは?

 

こういった時はちょっとした事でもケガにつながりやすいですし、症状も強く出る場合があります。

 

膝のケガに対する施術の経過

 

2回目の来院

痛みは引いてきていると。

ただ、仰向けで寝て膝を伸ばす時に痛みがあってスムーズに伸ばせない。

膝の内側の腫れはまだ残っている。

BFI療法+同固定

 

3回目の来院

今回は膝の内側の腫れが引いていて、膝を伸ばす時の痛みもだいぶなくなり楽だと。

BFI療法+同固定

 

4回目の来院

今回は痛みが酷くなった訳ではないが、歩いている時に時々出る痛みが気になるようで訴えてきました。

初めのころの症状と比べるとかなり楽にはなっているが、その分痛みを感じると不安になるようです。

 

こういった事は珍しいことではなく、ケガをした直後は痛みがあるのが当たり前だったのが、落ち着いてきて痛みを感じる頻度が下がると逆に痛みを感じた時に不安(また痛みが出ちゃったと)な気持ちになる方はいます。

例えば、ケガをして一番痛かった時を10、まったく痛くない状態を0とします。(VAS)

VAS 痛みの指標

 

この患者さんは数値でいうと3だとおっしゃってました。

マックスから比べると7は減っているのに、残りの3の痛みが顕在化していたのです。

7減ったから良くなってると思うか、3残ってるから不安になるか

人によって捉え方は違ってきますが、どうせなら前者を選択した方がその後の経過も良くなってくるんです。

 

5回目の来院

今日も痛みが気になっている様子。

さすがにここはハッキリさせようと思い、痛みのメカニズムを解説しました。

一気に話をしたので、どこまで届いているかは不明ですが・・・

 

処置はBFI療法+同固定

 

6回目の来院

今日は自動ドアが開いた時から雰囲気が違ってました。

表情が明るいし、声のトーンも大きさも元気っぽい。

前回の話が効いたようでした。

 

膝の痛みも昨日までより楽になったと。(VAS 1)

 

7回目の来院

痛みが強くなった訳ではないが、テンション低い。

どうやら今日、家でお客さんにおもてなしをしなくちゃいけないのだが、ちょっと負担に感じているらしい。

症状の事には触れず、労いの言葉をかけたりしながらBFI+同固定。

ケガ自体は良くなってるので、不安がなくなってきたら固定具を外しましょうと説明した。

 

8回目の来院

昨夜、お風呂から出た後から固定をせずに生活や仕事をしていたが、気になる痛みはなかったと。

不安がないわけではないという事だが、自発的に固定具を外す気になっていたのでプライトン除去。

BFI療法のみ。

 

9回目の来院

今日も固定具を外した状態で仕事できたと。

ケガの状態は良くなっているので、自信が持てればあとは急速に良くなるだろうと説明しました。

 

その後

おそらく症状がなくなったのだろう、来院されなくなりました。

前回ケガをした時も痛みがなくなりすぐに来院しなくなったので、今回もそうだと思っています。

まとめ

今回のようなケガをした時の状況は軽微でも、症状が強く出る事がある。

その背景にはストレスや感情の問題や不安などがある。

私生活で何か負担に感じる事がある時は、決まって症状にも影響していました。

そういった部分も含めてケガを診ていかないと、施術する側が不安になる事もあるでしょう。

 

ケガ自体の痛みはハードペインとして捉えており、そこにソフトペインが混在すると、時には思いもよらない症状に発展することがある。

 

BFI研究会では、こういった視点で考えながら臨床に当たっています。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。