椎間板ヘルニアという冤罪 手術というリスクのある選択をする前に知っておくべき事

MRI画像

椎間板ヘルニア・・・これほど認知されながら理論と実際の臨床症状がかけ離れているものはないでしょう。

原因だといわれている椎間板を除去しても残る症状に対して、現代医学はどう向き合っているのでしょうか?

 

これを機に、悪いイメージを払拭してみませんか?

椎間板ヘルニアとは『まぼろしの概念』だった!?

椎間板ヘルニアというと一般の人たちの間でも聞いたことがあるというくらい頸椎と腰椎においては有名な疾患名かと思います。

 

ヘルニアは治らないヘルニアは手術が必要だ手術したけど治っていない、などいいイメージはないかもしれません。

 

そもそも椎間板ヘルニアとはどういった状態なのでしょうか?

簡単に言うとMRI検査で椎間板が飛び出ている状態を指します。

そして、神経を圧迫し痛みやしびれを引き起こすと言われています。

 

確かに画像を見ると神経が細くなり潰されているのがよくわかります。

そのような画像を見せられて、「これが原因です」と言われれば納得してしまうのも無理はありません。

そんな事を言われたあなたは、なぜ神経を圧迫すると痛みやしびれが出るのかきちんと理解できていますか?

実際には、関係ないと言われたらどうでしょうか?

 

手術をしてしまう前に知ってほしい事があります。

実は痛みのない無症状の椎間板ヘルニアが多く存在している

MRIの出現によりレントゲンだけではわからなかった神経の状態も見ることができるようになり、さらに『椎間板原因説』を強く後押しする背景がうまれました。

しかし、1990年代に登場した【EBM-根拠に基づく医療】により、この状況は一変します。

症状の有無・性別・年齢などあらゆる人を集めレントゲンやMRIを撮影したところ画像による形態的な変化と実際の症状が一致しないという事実がわかったのです。

■椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された

~TMSジャパン 公式ブログ~  より引用

http://1.usa.gov/iN3oKG

 

画像上で椎間板が潰れていても、神経を圧迫していても無症状の人が存在するということです。

手術をして良くなる人と変わらない人の違いとは何か?

椎間板を取り除く手術をしたにも関わらず、症状がなくなる人と変わらないという人が出てくるのは何故なんでしょうか?

その大きな理由に『プラシーボまたはプラセボ』という現象が存在します。

分かりやすく説明すると、薬ではないただの白い粉を飲んでも本当に効くと思って飲むと効果が出るという現象です。

 

・自分の症状の原因である椎間板を取るんだから良くなるだろう

・ヘルニアの手術では有名な先生にやってもらうんだから安心だ

・年間で何百例も手術してる病院だから信頼できる

など期待値が高まるほどプラシーボの効果は強く発揮されます。

 

にも関わらず症状が良くならない人がいるのも事実です。

椎間板ヘルニアの原因と言われている部分を取ったのに症状が変わらない…

 

そう考えると、先ほどのプラシーボの話とも照らし合わせてみて、実は椎間板が原因じゃない!とは考えられませんか?

本当に椎間板が原因であれば手術して全員が良くなっているはずですし。

 

そして、手術をしたのに症状が変わらない場合に言われる台詞が

「手術は成功しました」

 

そんなんで納得できないっつーの!

 

膝の半月板の手術においてもある研究がされています

1、皮膚を切開しただけ

2、関節内を洗浄した

3、半月板を切除した

どの方法においても痛みの軽減には明らかな差はなかったのです。

 

このような事からも手術に対しては慎重に考えなくてはいけません。

まとめ

・MRIなどの画像でヘルニアがあっても、無症状の人はたくさんいる

・症状が麻痺(足をつねっても痛くない・排尿障害・足首が動かないなど)でなければ本物の神経症状ではない

・手術によって症状が良くなる症例の中にはプラシーボや全身麻酔による作用がある

という理由からも安易に手術を選択するべきではないと考えます。

というか、僕も含め家族には絶対に手術は受けさせません!

 

なにより、椎間板に対してアプローチをしていなくてもヘルニアといわれる症状が改善している事実がたくさん存在しているのです。

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。