痛みの真実を知るには早い方がいい  固定観念を捨てるのは大変だぞって話

思い込み

無意識の思い込みってやつは手に負えない

風邪をひいたら抗生物質・傷ができたら消毒・痛かったら痛み止め・便秘だから下剤…など以前のものは否定され対処法が違ってきているものが増えています。

しかし、それらを知っている人はあまり多いとは感じません。

もしかしたら聞いたかもしれないが、記憶に残ってないか聞き流したのかもしれません。

 

そういった情報もまた何十年かしたら変わっている可能性もありますが・・。

身体にかかわる事ですし、ホイホイと飛びつくのもどうかと思いますが、ある程度根拠が出ているのに「昔はこうだった」と頑なに信じ込んでいるのを解除するのはものすごいエネルギーを使います。

その信じていることだって突き詰めると「ずっとそうやってきたから」「あの人が言ってたから」「テレビで有名な先生が言ってたから」など全く根拠のない自信に満ちてます。

 

現代は良くも悪くも情報が溢れています。

どれを選ぶかはその人次第というところはありますが、情報発信者がブームに乗って言ってる事がコロコロ変わる人は信用できませんね。

 

まぁ何にでも言えることですが、全ての人がなびくなんて事はないんでしょうけど。

痛みの世界ではどうなのか?

長い間、痛みの診断では画像による異常が原因だ!と言われてきました。

何十年とその形態異常に対して診断名がつき、健康保険が適用されている以上そのシステムを変えるのは並大抵の事ではありません。

 

ならばシステムが変わるのを期待するよりも、少しずつでも痛みの真実を知る人が増える方が大事なんじゃないかと思います。

専門的な知識もなく、臨床の経験もない人が考え方を180度変えるのは無理があります。

だとしたら、情報を出す側の人間が変わらなければいけませんね。

 

誤解を恐れずに申し上げます!

中年以降の男性

60歳以上の方は固定観念が強くて自分で考えるという事が苦手なようで話が通る方は稀です。

であるならば、可能な限り若いうちに形態の異常は痛みの原因じゃないという事を知っておくべきだと思います。

 

現にそういった情報は増えてますし、理解してきてる患者さんも増えています。

手術

そうすれば、無駄な手術をしなくて済むんです。

耳触りのいいことを言ってる方が楽

・年のせいだから

・筋肉が落ちてるから

・骨が変形してるから

昔から言われてきた事は、そこに根拠がなくても言われた方が「そんなもんか」と受け入れてしまう環境が整っています。

 

仮に良くならなかったとしても、そういった逃げ道を作っているんですね。

「多くの人がそう思っているんだし、難しい患者を抱えてしまうと面倒だから適当に対応しておこう」という医療者が少なからずいるという事を覚えておいてほしいです。

あなたの通っているところの先生は本気で考えてくれてますか?

受け身ではなく自ら情報を得る時代

若い世代ほどインターネットとの関わりは深いでしょう。

SNSなども普及していますし。

 

気軽に使える面もありますが、こと身体の事に関しては注意が必要です。

 

広告の中にはとんでもないものも含まれていますから。

ゲームオーバー

『~するだけで』 『初心者でも~』などいかにも簡単そうに謳ってますが、本当にそうならその程度ものだと思ってます。

これからの痛みの治療とは?

少なくとも身体だけいじって済む時代は終わりを迎えようとしています。

 

これからは身体と心を一緒に診れる治療家でなければ、特に難しい症例では手に負えないでしょう。

 

実際には脳(心・感情)の割合の方が大きいので手技のスキルだけ上げても無駄になります。

 

形態異常や骨格だけ診ていては、痛みの真実からは遠のくばかりです。

 

その点は治療家だけでなく、患者さんも脳と痛みの関係を知り深めていかなくてはなりません。

 

最近ではそういった先生方も増えていますし、BFI研究会の先生方も必ずお力になれるでしょう。

 

ずっと症状に苦しんでいる方の救いになるようにこういった情報が広まることを願っています。

 

最後に脊椎の世界的権威であるNorbert Boos博士の言葉を紹介します。

 

『我々は画像所見が症状と相関しないことを知っている。

 我々が治療しなければならないのは患者であってMRI画像ではない。』

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。