三郷市のコストコで膝を負傷! 強烈な痛みが出た本当の原因と改善した理由

倉庫型モール

通常では考えられないような状況でケガをした事はありませんか?

ちょっと小走りをしただけなのに、膝に激痛が出た本当の原因について解説していきます。

 

閉店間際! 急いだ結果、膝をケガすることに

51歳 女性

三郷市のコストコへ行き、閉店時間が迫っていたので少し小走りをしていたら、突然右膝に激痛が出ました。

なんとか買い物を済ませ帰宅。 翌日になっても痛みが引かず、来院しました。

 

症状

・右膝の腫れ

・歩く時の痛み

・膝が完全に伸ばせない

 

既往

腰痛・肩こり・頭痛・疲労感

以前から度々当院に通院している患者さんです。

お仕事が忙しい上に、人間関係やら色々と大変なようです。 これは脳疲労に繋がり、これこそが今回膝を痛めた1番の原因です。

 

今までにも突然強い痛みに襲われることもありましたが、この患者さんの状況は把握しているので、冷静に対応することができています。

 

BFIによる施術で直後に痛みが軽減

症状は膝に出ていますが根本的な原因は脳疲労によるものなので、施術はBFIを行いその後オルソラップと包帯固定をしました。

当院の固定に対する考え方はこちらです。⇒・ケガの固定はただ固めりゃいいってもんじゃない ~ニューロフィクスという視点~

怪我の固定材料にアルケア社のプライトンとオルソラップを選ぶ理由

 

施術の直後に痛みの程度は軽減されていました。

ケガの痛みであっても、すぐに変化が出るには理由があります。(ちょっと難しくなりますがお付き合いください)

 

痛みというのは、感覚+感情で成り立っています。

純粋なケガの痛みが①だとしても、感情の部分で⑨あったら、ケガの程度に釣り合わない⑩の痛みになります。

これをBFI研究会ではハイブリッドペインと呼んでいます。

このあたりの詳しい解説はこちら⇒BFI研究会による痛みの分類に新提起  従来の枠に収まらない痛みとは?

 

BFIにより、ソフトペインの割合が減ればケガの痛みであっても変化するのです。←*ものすごく大雑把な解説をすると、子どもにやる『イタイのイタイの飛んでけ~』です。

 

すぐに痛みは軽減されましたが、普段の生活の状況から症状の波が出ることは予想されます。

引き続き、身体のケアは必要だと感じています。

 

痛みだけの症状に囚われてしまうと、本来診るべき事が見過ごされてしまうんですよね。

ケガを診る上でも問診から得られる情報は重要なので、一見関係なさそうな話に感じるかもしれませんが、安全に改善させる為に必要な事なので「この人話長いな」とやさしく受け止めてくださいね。

 

整体院で痛い施術を受けていて、身体のセンサーが興奮状態だった

数年前、当院に来院する前から整体院に通っていました。

その整体院の先生から「揉んだりしちゃダメなんだ」と説明されたというのを、患者さんからお聞きしました。

「ほう。そんな事を言う先生もいるんだなぁ」と感心した記憶があります。

 

しかし、ある時患者さんから「整体の施術が痛いんだよね」という話がありました。

ナンダッテーーーーー!!!!!

 

てっきり整体院からの説明にあったように、少なくとも痛い事はされてないんだろうとばかり思ってました。

実際には、1か月に1回の頻度で通っていて、施術を受けると2週間痛くて、残りの2週間でようやく落ち着てくるというサイクルを繰り返していたそうなんです。

マジか・・・・・・・

 

これを聞いたら僕のスイッチはONですよ!

 

「○○さんの身体にはその施術は合ってません。 できるならもう止めた方がいいですよ。」というお話はしました。

決めるのは患者さん自身ですが、僕の所にも通うのであれば、こちらの意見も伝えないといけません。

 

基本的にヒトは自分の身体を守るための防御反応として、外からの物理的な刺激に対して抵抗します。

その時に、関節が不用意な動きをしないようにロックしたり、筋肉を固くして守ろうとします。

これらの情報を感覚受容器(センサー)がキャッチして反応が起こります。

なので、頻繁に強い刺激を受けているとセンサー機能が興奮して、僅かな刺激に対しても反応するようになってしまうんです。

 

すると、今回のように脳疲労が溢れそうな状況の時には、些細な事でもケガをしやすくなってしまうという最悪の状態に陥ってしまいます。

 

結果的には整体の予約をキャンセルし、「もう行かない」とおっしゃっていました。

 

骨盤矯正・歪みの矯正は意味がない!?

やたらと多く見かける、骨盤矯正やら背骨のゆがみを矯正するという謳い文句。

実際に受けたことのある方もいるでしょうが、何で歪むと痛みやしびれが出るのか説明できる方は少ないでしょう。

なんとなく聞いたことがあるから

知り合いで受けて良かったと聞いたから

通っている所でゴリ押しされたから

フワッとした情報に流され症状が改善されれば、良くわかんないけど効果があるんだろうくらいの認識だと思います。

 

では、世界的な研究による結果を知ったらどうでしょうか?

■腰痛患者144名と健常者138名を対象に骨盤の歪みを厳密に測定して腰痛との関連を調べた結果、どのような臨床的意義においても骨盤の非対称性と腰痛は関連していないことが判明。骨盤の歪みが腰痛の原因というのは迷信に過ぎない。http://t.co/iEvQzim

TMSジャパン より引用

 

これすらも信じるかどうかは人によって違うでしょう。

ですが、ここで1度ちゃんと考えてみてはどうでしょうか? ただの金づるになっていませんか?

 

僕は、骨盤矯正を前面に出している所とは距離を置きたくなります。

 

まとめ

思い切り捻ったり、ぶつけたりしなくても、ヒトの身体は不釣り合いな痛みを出すことがあります。

その1番根底にあるのは、脳疲労です。

 

今回のように小走りしただけでも起こりますし、ぎっくり腰も脳疲労が関係しています。

 

その症状の解消に強い刺激は必要ありません。

ケガの痛み、慢性的な症状でお困りの方は、すべてを網羅しているBFI研究会をおススメします。

まずは当院までお問合せください。⇒マナ接骨院お問合せ

 

 

この記事が参考になったら
いいね ! してください

Twitter で

最近のコメント

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    交通事故・怪我はもちろんの事、あらゆる治療・施術を受けても良くならない難治性症状にも対応できる接骨院です。 現代は身体のみにフォーカスし、変形や神経の圧迫、骨盤や背骨の歪みなど形に捉われすぎなんです。 ストレス社会を生き抜く為にも【脳と痛みの関係】を熟知したマナ接骨院で明るい未来を手に入れましょう! その痛み・しびれ、諦める前にぜひご相談ください。